【湯島天神の梅祭り2019の攻略】日程や時間、見どころ、屋台情報、混雑状況、アクセス、梅の豆知識まで紹介!

2月イベント・祭り イベント・祭り 東京のイベント・祭り 関東地方のイベント・祭り

湯島天神は都心から気軽に行ける梅の名所で有名です。

湯島天神の梅祭りは、神社や木々が背景にあるので、より綺麗に優雅に梅を楽しむことができます。

 

 

この記事は湯島天神の梅の開花状況と見頃、屋台や混雑状況、アクセスなど攻略法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

湯島天満宮(湯島天神)とは?

湯島天満宮(ゆしまてんまんぐう)は、東京都文京区にある神社旧社格府社で、現在は神社本庁別表神社。神紋は「加賀梅鉢紋」。

旧称は湯島神社で、通称は湯島天神

 

歴史

社伝によれば、雄略天皇2年1月(機械的な西暦換算で458年)、雄略天皇の勅命により天之手力雄命(あめのたぢからをのみこと)を祀る神社として創建されたと伝えられている。

南北朝時代正平10年(1355年)、住民の請願により菅原道真勧請して合祀した。この時をもって正式な創建とする説もある。

当の湯島天満宮では458年創建(雄略天皇2年を機械的に西暦に換算した年数)としている。

 

徳川家康江戸城に入ってから徳川家の崇敬を受けた。

江戸時代には多くの学者・文人が訪れ崇敬を集める一方、享保期には富籤の興行が盛ん(江戸の三富の1つ)になり庶民に親しまれた。

 

明治5年近代社格制度において郷社に列し、明治18年に府社に昇格した。

平成13年(2001年)、神社本庁別表神社に指定された。

平成12年(2000年)3月31日、「湯島神社」から「湯島天満宮」に改称。

 

祭事

元旦祭 (1月1日

成人祭 (1月15日

初天神祭(鷽替え神事) (1月25日

節分祭(豆撒き) (2月3日

梅まつり (2月上旬 – 3月上旬)

例大祭 (5月25日

夏越し大祓式(茅の輪くぐり神事) (6月30日

菊まつり (11月1日11月23日

七五三祝祭 (11月15日

納天神祭 (12月25日

歳の市 (12月26日

師走大祓式・除夜祭 (12月31日

(引用元:wikipedia

スポンサーリンク

湯島天神の梅まつり2019の日程・時間・場所

 

開催日

2019年2月8日~3月8日

時間

8:00~19:30(入園無料)

場所

湯島天神境内

住所:東京都文京区湯島3-30-1

見頃時期

2月中旬〜3月上旬が一番見頃です。

今年は夏の猛暑の影響でで開花のスピードは早いと思われますので、開催時期の 可能性もあるとの見方があります。

開花
1月下旬~3月上旬

見頃
2月下旬~3月初め

 

湯島天神の梅の品種

 

湯島天神の梅の7~8割が「白加賀」と呼ばれる品種です。

 

●品種の特徴
「しらかが」とか「しろかが」と呼びます。花も実も楽しめる古くから親しまれてきた優良品種。25~30gで種が小さく果肉厚く、品質優良です。梅干、梅酒、漬梅に良し。 結実も安定し、豊産性です。花粉少なく、受粉樹が必要です。梅にはクエン酸、リンゴ酸が豊富に含まれ、アルカリ食品として重宝します。ビタミンも豊富です。

(引用元:苗木部

 

梅の花言葉

梅の花言葉は「不屈の精神」「高潔」です。

紅梅の花言葉は「優美」、白梅の花言葉は「気品」です。

 

湯島天神の梅は白梅なので「気品」ですね!

 

【熱海の梅まつりの攻略情報】見頃、混雑状況、アクセス、駐車場情報などを紹介!

見どころ

ライトアップ

2月8日〜3月8日の17時~19時30分

ベリーダンス

ベリーダンスやカラオケコンクールも催されています。

ベリーダンスがよくわからないという人もいると思うので参考の動画をどうぞ!

 

結構セクシーな衣装で女性が踊るんですね!男性は必見ですね笑

 

スポンサーリンク

 

屋台情報

境内と表参道の両脇に屋台が多数出店します。

なんと各地のB級グルメを楽しむことができます。

 

おすすめは梅が枝餅です。

本場太宰府の梅が枝餅なのでめちゃくちゃ美味しいですよ!

 

混雑状況

湯島天神の梅まつりの期間中は、例年45万人が参加される人気の梅まつりです。

と言っても、開催期間が1ヶ月と長いので、そこまで混雑することはありません。

 

土日は多少混雑するくらいですが、それでものんびりと楽しむことができます。

 

1番混雑するのは2月中旬の土日です。

混雑が苦手な人はそこだけを避ければ大丈夫だと思いますよ!

 

アクセス

 

場所:湯島天神

住所:東京都文京区湯島3-30-1

電車の場合

東京メトロ千代田線湯島駅から徒歩2分
東京メトロ銀座線上野広小路駅から徒歩5分
東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅から徒歩8分
都営大江戸線上野御徒町駅から徒歩5分
JR御徒町駅から徒歩8分

スポンサーリンク

まとめ

湯島天神の梅まつりは、都内からもアクセスしやすく気軽に行けることが人気の梅まつりです。

上野にも近いのでの美術館や動物園、アメ横などに立ち寄っても面白い1日が過ごせるのではないでしょうか!

まだまだ寒さが残る季節なので防寒はしっかりとしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です