Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

なぜリバウンドしちゃうの?原因を知ってダイエットを成功させよう!

ダイエットの大敵と言われている「リバウンド」

特に日本人のダイエット経験者のうち、60%以上がリバウンドしていると言われています。

せっかく努力したのにリバウンドしたら悲しいしモチベーションも下がってしまいますよね。

そこでリバウンドのメカニズムと、そもそもなぜリバウンドがおきてしまうのかをお伝えしていきます。

スポンサーリンク

そもそもリバウンドとは?

ダイエットをやめた後に、体重がダイエット前、またはそれ以上に増えてしまう現象をリバウンドと言います。日本人のダイエット経験者のうち、60%以上がリバウンドしていると言われています。

そしてダイエットしてリバウンドするのを繰り返していると、逆に太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。

リバウンドの原因について詳しく見ていきましょう。

 

1.ホメオスタシスと停滞期

食事制限によるダイエットを行っていると、スタートし始めは順調に体重が減るのですが、ある時期になると体重が中々減らなくなります。

これを「停滞期」といい、約1ヶ月ほど続く場合もあります。
この停滞期の原因は「ホメオスタシス」という体の機能にあります。ホメオスタシスは、体に少量のエネルギーしか入ってこない場合、エネルギー消費を減少させて体を維持する機能のこと。ダイエット中にホメオスタシスの機能が働くと、食事の量にともなってエネルギー消費量も減少するため、それ以上体重が減らなくなるのです。
そして停滞期にダイエットを諦めた場合でも、このホメオスタシスは機能し続けています。ですから食事の量を元に戻したとしても、エネルギー消費が以前より減少しているので、余分な脂肪が蓄積されることになります。

 

2.レプチンの量と満腹感

ダイエットをしていると、満腹感に変化が出てきます。「レプチン」とは、脂肪細胞に脂肪が吸収されると分泌されて、脳の満腹中枢を刺激する物質です。ダイエット中に食事を減らしていると、レプチンの分泌量も減ってきます。そしてダイエットを中断し食事の量を元に戻した場合、レプチンの量も変化するのですが、これが適正量に戻るためには、約1ヶ月の時間がかかるのです。

つまり、1ヶ月は食事の量を元に戻してもレプチンの量が少ないため満腹感を得られず、かえって食べ過ぎてしまうのです。

具体的にどうなるのかというと、超低燃費なのでダイエットしても痩せなくなります!

頑張っても痩せない。気持ちが折れますよね?

折れて諦めると、以前の食事スタイルに戻りますよね?

でも身体はホメオスタシスが継続された超低燃費モード、そこに栄養がどかーんと入ってきたら。

そう、猛烈にリバウンドします!

その上、栄養不足等に伴って、レプチンという満腹中枢を刺激するホルモンが分泌されにくくなる。

簡単に言うと「お腹いっぱいになったよ~」と脳にお知らせしてくれるホルモンが激減するので、満腹感が得られない。

満腹感が得られないのでなんかいっぱい食べてしまう。いわゆるドカ食いですね。こうなってくるともう激烈リバウンド必須状態です!

 

3.意志が弱い?

 

これは誰もが考えつく原因ですね。ダイエットが成功したら、誰でも気分に余裕が出てくるものです。

『これぐらいならいいかな』

『ちょっとぐらい食べてもヘーキヘーキ』

このような意志の弱さで暴食に走ってしまい、リバウンドしてしまうという話はよく聞きますね。

 

 

4.停滞期を乗り越えられない

前項で説明したホメオスタシス機能ですが、ダイエットをしていると必ず経験するであろう「停滞期」にも関わってきます。

停滞期とは、それまで順調に減っていた体重がある時ストップしてしまうことです。

体重が急激に減少したときに発動するホメオスタシスは、食物からのエネルギーの吸収率を高め、代謝や消費エネルギーをなるべく抑えるようにします。いわゆる「省エネモード」に切り替わるようなものです。これが停滞期の正体です。

ダイエットのモチベーションにも関わってくることなので、ダイエットを志す人はこの機能の仕組みをよく理解しておくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です