Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

知らないと逆効果?水ダイエットの正しいやり方

水たくさん飲めば痩せるんでしょ?と思っているそこの貴方!

 

ただ水分をたくさん摂取すれば痩せるっていう訳ではありません!!

 

え、じゃどうすればいいの??って思いますよね。

 

そこで、今回は正しい水ダイエットのやり方をお伝えしたいと思います。

 

水ダイエットで体重を落としたい方、理想のボディを手に入れたい方は注目ですね。

 

人によって飲むべき水の量は違う!?自分の体重の4%を目安に水分を取ろう

人が1日に接種すべき水の量は、体内の老廃物にあたる体重の4%の量と言われています。

 

つまり2リットルとは、

 

体重50kgの場合⇒50kg×4%=2リットル

 

60kgの人は2.4リットル

70kgの人は2.8リットル

80kgの人は3.2リットルと、

体重によって摂取すべき量が変わってきます。

スポンサーリンク

水と白湯で簡単痩せ?水と白湯との合わせ方!

いざ水を飲もうとなってもそう簡単に2リットルの水を飲むことは簡単ではないですよね。

 

また水だけを飲むよりも、少し暖かいものがあった方が、寒い時期には飲みやすくなりますよね。

 

そこで、水2リットルの内、800mlを白湯(さゆ)に置き換えるという方法をお勧めします。

 

白湯ダイエットというものがあるぐらい、水同様体に良い影響を与えます。

 

白湯を飲んで内臓機能が温められることで内臓が活発に働くようになり、消化作用が促進されます。

 

結果、体内の老廃物を体の外に押し流す力が増します。

 

老廃物が一掃されれば、肝臓や腎臓などの機能がさらに活発になるので、体内の浄化にも役立ちます。

 

できる方はお水だけでなく白湯も活用しましょう。

 

但し、白湯は飲みすぎるとむくみの原因になるそうなので要注意です。

 

一日800ミリリットルを守ってください。

 

 

なので、白湯は起きてすぐ・朝食前・夕食前・就寝前の4回をお勧めします。

コップ1杯が約200ミリリットルです。

 

日中6回ほど飲めば、白湯と合わせてあっという間に2リットルの水が飲めます

 

スポンサーリンク

お茶は意味がない?飲んで良い水分と悪い水分とは?

とりあえず水分取ればいいんでしょ?

 

じゃお茶とかコーヒーを飲もう!と思っている方は要注意です。

 

ましてやお酒ならたくさん飲めるし、2リットルなんて余裕じゃん!と思っているかたは危険です!

 

この2リットルは、あくまでも水で行うようにしてください

 

お茶やビール、コーヒー、ジュースも確かに水分で水は含まれていますが、そこに加わっているアルコールや砂糖、カフェイン、甘味料などの添加物は、体の中で分解しなければならない為、肝臓・胃腸に負担がかかります。

 

また、分解することで再度、体の中に老廃物が作り出されるので、これでは体の中の老廃物を出せないので、老廃物が溜まる一方です。

 

この水ダイエットで水を飲むのは、あくまでも体の中のいらないものを外に出すためです。

 

体に余計な負担をかけて老廃物を増やさないようにクリアな水を飲みましょう。

 

水を飲むタイミングをチェック!タイミングを抑えることが水ダイエット成功への近道!

 

水分は一度に吸収できる量が決まっており、多く飲んでもただ排出されてしまうだけなのであまり意味はありません。

1回につきコップ1杯を、1日の中で数回に分けてこまめに摂取しましょう。

水分摂取のタイミングは次のとおりです。

・朝起きたあと
・夜寝る前
・運動、スポーツの前後
・入浴の前後
・食事中

基本的に、水分が失われやすい状況の前後にとりましょう。

「喉が渇いたな」と感じたときには、もうすでに水分不足が始まっています。

渇きを感じてから水分をとるのではなく、こまめに補給して水分不足を防ぎましょう。

食事中にも水をこまめに飲むと胃腸に水分が溜まり、少ない量の食事でも満足感を上げることができるので、ダイエットにも効果的です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です