1月イベント・祭り, イベント・祭り, 中部地方のイベント・祭り

富山の左義長祭り2019はどんなお祭り?どんと焼きとの違いは?見どころや混雑予想は?

富山の左義長は小正月の風物詩として有名です。
しかし、他の地域では「左義長ってなんだ?」と思う方も多いはず。

それもそのはず、どんと焼き、道祖神祭り、お焚き上げなど、地域によって呼び名が変わります。

昔は全国各地で見られたこの行事ですが、環境問題などの観点からどんどん数が少なくなっていると言います。

そんな左義長、一体どんな行事なのでしょうか?

今回はそんな左義長についてご紹介します。

スポンサーリンク

左義長とは?

左義長とは、小正月に行われる火祭りのことを言います。
どんと焼き、道祖神祭り、お焚き上げなど、地域によって呼び名が変わります。

大磯の左義長は自治体で行っており、1月7日を過ぎると地域の子供たちが正月飾りや古い縁起物などを集めて、町内の境に作られる仮屋に置きます。

左義長の当日に仮屋から浜辺に運びます。

1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼きます。

その火で焼いた餅(三色団子、ヤマボウシの枝に刺した団子等地域によって違いがある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われています。

また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われています。

また下帯姿の男達が、小さなお宮様を乗せ、紐で繋いだものを海に引き入れます。それを海側、陸側から引っ張り合い、最後は陸側が勝って左義長は終了します。

富山県の左義長は重要無形民俗文化財!

富山県下新川郡入善町上野邑町地区で毎年1月15日または、15日に近い日曜日に行われる「塞(さい)の神まつり」という左義長(火祭り)行事で、子供達が塞の神と呼ばれる男女一対の白木でできた木偶(でく)人形(デクノボー)を持ち「塞の神じゃ、大神じゃ、じいじもばあばも、ほこほこじゃ、来年むけや、十三じゃ…」と唄いながら地区内の家庭を回り、正月飾りや書初め、米、豆などを集め、火祭り会場では竹と藁で中を部屋状にして角錐に積み、集めてきた正月飾りや書初め、米、豆などを藁と共に中と周りに積み、最後に木偶人形(デクノボー)を中に安置し火を着ける。

子供達が「塞の神じゃ、大神じゃ、…」と何度も繰り返し唄う中、木偶人形を完全に焼き尽くし灰になると終了となる。2010年(平成22年)3月には、「邑町のサイノカミ」として国の重要無形民俗文化財に指定されました。

スポンサーリンク

富山の左義長開催概要

富山県の左義長は毎年1月15日または、15日に近い日曜日に行われています。

日時2019年1月13日(日) 点火時間は18:30頃

 

混雑状況

例年の来場者数の発表はありませんが、近隣の道路が渋滞したりする程の混雑はないようです。

左義長ってどんな意味?どんど焼きと何が違うの?

 

View this post on Instagram

 

霧子さん(@kiriko.kiriko)がシェアした投稿

日本全国ほとんどが、どんと焼き
京都・北陸が左義長
九州は鬼火焚き

のようです。

ただ、江戸時代の文献によると、小正月にやる火の行事として正式名称は「左義長」だったようです。

どんど焼きは「方言」とされています。

今では、左義長のほうが方言ですね。

じゃあ、左義長ってなに??ってなりますよね。

左義長の始まりは平安時代とされています。

正月遊びの道具として使われた、毬杖(ぎっちょう)という木の枝を削って作ったゴルフクラブのようなものを3本束ねて燃やしたことから始まったとされています。

語源から左義長は主に子供が主体となった行事が多く、お焚き上げは神社やお寺で行われ、どんと焼きは縁起物と一緒に竹を燃やすと「ドンッ」と爆発音がすることからきているそうです。

呼び名や細かいしきたりなどは違いますが、正月飾りや古い縁起物を供養したり、歳神様や田の神様を見送る意味があります。

また、燃え残りや煙には神様が宿るので、書き初めを焼いて高く舞い上がると上達する、餅や団子を焼いて食べると1年風邪をひかない、灰を家の周りに撒くと厄除けになるといったご利益があるとされています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です