菅原天満宮は、奈良県奈良市にあります。
日本最古の天満宮です。

6月25日には、生誕祭に加え鷽替え神事が行われます。

菅原天満宮の鷽替え神事は、毎年楽しみにしている方もいる神事。
抽選会も行われ、大変盛り上がります。

今回は、菅原天満宮の鷽替え神事を紹介します。

 

鷽替え神事とは

もともとは大宰府天満宮で1月7日に行われていた神事です。

鷽替え神事は天満宮・天神と呼ばれる菅原道真を祀る神社で多く取り行われています。

亀戸天神では前年にここで買った木製の鷽の人形を買い替えることで、前年の災厄をウソにかえて、今年の吉兆を招く行事とされています。

鷽(うそ)は大宰府天満宮のお祭りの際に害虫駆除をしてくれたこと、また学問の神様である天満宮、天神さまとは、鷽と學(学ぶの旧字体)の形が似ていることから、関わりが深いとされています。

 

菅原天満宮の鷽替え神事開催日程、場所

菅原天満宮の鷽替え神事は、6月に行われます。
今年の公開日も2019年も6月25日に開催されます。

時間は、13時から。
拝観料金は、無料です。

鷽替えの「うそ」ってどんな鳥?うそをゲットするには?

 

鷽(うそ)って?

鷽は実際に存在する鳥でスズメ目アトリ科に属します。体は一般的なスズメよりも少し大きく体長は15cm程です。

メスは全体的に黒や灰色で、オスは喉や胸のあたりが鮮やかな薄桃色をしています。

基本的には山地に生息するので、住宅地などではほとんど見る機会はありません。繁殖期は夏場でこの時期は小さい虫などを食べ、秋~春にかけては花や木の実などを食べて過ごします。

ヨーロッパからアジア北部に分布し、日本では全国で広く生息しています。夏は涼しい産地へ、冬は暖かい平地へと移動します。

オスは特徴的な色で、頬と喉のあたりが紅色で、頭と尾が黒です。メスは全体的にグレーです。

ウソとは、古語で口笛という意味です。鳴き声が、口笛のようだったことから名付けられました。「オスは晴れを呼び、メスは雨を呼ぶ」という言い伝えから、オスは照鷽(てりうそ)、メスは雨鷽(あめうそ)と呼ばれたという説もあります。

スポンサーリンク

 

この神事は、鷽のお守りを購入すれば誰でも参加可能。
箱に入った鶯のお守りは、1,000円です。

箱には、番号が記載。
書かれた番号が抽選番号となります。

鷽替え神事が始まる前に、手に入れておきましょう。
鷽のお守りを手に入れたら、神事が始まるのを待つばかり。

太鼓の合図とともに、神事が開始されます。
「かえましょ かえましょ」と言いながら、境内にいる人と箱を交換。

太鼓の音が止むまで、次々と交換して下さい。
音が止んだら、1度目の鷽替えが終了。

抽選会が始まります。
当たり番号が読み上げられるので、箱の番号と照らし合わせましょう。

合致するば、賞品が手に入ります。
1回目外れたからと言って、落ち込む事はありません。

抽選会は5回程行われるからです。しかも、後になるほど豪華な商品へとランクアップ。

ぜひ、6月25日は、菅原天満宮へ足を運んでみて下さいね。

菅原天満宮の駐車場

菅原天満宮には、駐車場が存在しています。
無料で利用可能です。

普通車を20台停める事が出来ます。

菅原天満宮へのアクセス

菅原天満宮への行き方です。

近鉄奈良駅、JR奈良駅西口から学園前駅行きに乗車。
阪奈菅原停留所で下車、徒歩3分。

ez.hc
achhomea@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です