【白河だるま市2019のまとめ】日程や歴史、見どころ、駐車場情報や臨時バス情報まで紹介! 

2月イベント・祭り イベント・祭り

だるま産業で栄えた福島県白河市です。

 

なんと年間15万個のだるまを生産しています。

そんな白河市で開催されるお祭り「だるま市」

 

300年以上の長い歴史をもつお祭りで、例年700軒以上の露店が立ち並び、15万人以上の観光客が訪れる、東北の一大イベントとなっています。

 

この記事では「白河だるま市2019」の歴史や日程、屋台情報、駐車場や臨時列車などのアクセスについてまとめています。

スポンサーリンク

白河だるま市とは?

 

白河だるまとは?

白河市で生産されているだるま。

白河だるまは今から約300余年前、当時の白河城主丹羽長重公に初まり、後年の小峰城主でその名も有名な松平定信楽翁公が城下の繁栄を強く願い、当家先祖に楽翁公直々の名により谷文晁の図案とお墨付を路金とともに戴き、はるばる京へ「だるま」修業の命を受けて出立した。

修業のあかつき眉毛は鶴、髭は亀、耳髭は松と梅、あご髭は竹を表して帰郷したと言い伝えられている。

 

また、文政6年(1823年)も横町絵図に、旧奥州街道沿いの横町で現在もだるま製造業を営む渡邊だるま店の住居、作業所がある位置に「瓦作金七」の名が確認されていることから、この人物が白河だるまと大きく関わっている可能性が高いとされている。

白河だるまはあごひげが長いのが特徴。

厄除けと家内安全の利益がある赤だるまと、開運の利益がある白だるまが作られている。

年間15万個が生産されている。

(引用元:wikikedia

 

白河だるま市の歴史

白河では鎌倉時代の頃から「花市」と呼ばれる祖先のお墓にお供えする造花の市が開かれていました。

白河だるま市は、これまでとり行われていた「花市」において、松平定信公により、城下の繁栄をはかって「だるま」の制作技術を習得させ、、縁起物のだるまを絵師に画かせて販売したというのが始まりと言われています。

また、約700軒にも及ぶ白河だるまを売り出す露店が、市内の目抜き通りの約1.5kmの会場内に並ぶそうです。

 

旧正月の14日を縁日として大手門前に花市を張らせ、花と一緒にだるまを売らせたのが始まりとされています。

スポンサーリンク

白河だるま市2019の日程・時間・場所

日程 2019年2月11日
時間 9時~19時30分
場所 福島県白河市天神町

中町、本町(目抜き通り)

問い合わせ先 白河観光物産協会0248-22-1147

 

だるまの目の入れ方

↑↑↑参考動画はこちら↑↑↑

左側(正面から向かって右側)に願いを込めて左目を入れてください(油性マジックペンや筆ペンなどがオススメです)

願いが叶ったら右側(正面から向かって左側)に、感謝を込めて右目を入れてください。

 

仮に願い事が叶わなくても、区切りとして、年の終わりや年度の終わりには右目を入れてご供養ください。

供養の仕方は下記で紹介しています。

スポンサーリンク

白河だるま市の楽しみ方

 

見どころ①独特な屋台

露店はもちろん「だるま」だけではありません。

白河市だるま市では定番の飲食店も充実しており、ポテトフライやわたあめ、唐揚げなども楽しむことができます。

 

ユニークな屋台の例

【縁起物】だるま、福熊手、福ざる、まねき猫、造花、神棚・・・

【食べ物】ほしいも、おやき、いわし、ドネルサンド、餃子ドッグ・・・

 

実にユニークが露店が数多く出店されており、他にも鮎の塩焼きやトッポギのようなものまで食べることができます!

 

見どころ②どんど焼き

どんど焼きと聞いてピンとくる方はいますか?

 

一言でいうと、両目を入れられただるま達が一年の役目を終えただるまや正月飾りを供養するものです。

 

どんど焼きは天神神社会場と本町会場の2ヵ所で実施されていますが、天神神社の会場は毎年、雪が積もって非常に歩きにくくなっていますのでお気をつけください!

やり方は簡単で、両目を入れただるまを受付で渡すだけで大丈夫です。

 

見どころ③ご当地キャラ

白河のご当地ヒーロー「ダルライザー」、いわきの「ジャンガラー」など県内外の戦隊・戦士キャラクターがショーなどで子供たちを喜ばせてくれます。

キビタンや白河市公認キャラクター「しらかわん」など県内のゆるキャラも登場し、一緒に撮影に応じるなどして子どもたちは毎年大喜びです。

スポンサーリンク

アクセス

会場:福島県白河市天神町 中町、本町(目抜き通り)

場所:〒961-0954 福島県白河市

車の場合

東北新幹線 1時間30分「新白河」下車

東北自動車道「浦和IC」から1時間40分「白河IC」

 

駐車場情報

・市役所
・白河駅北側駐車場
・市立図書館駐車場
・白河総合運動公園と白河中央中学校校庭
・白川病院駐車場

など

 

臨時シャトルバス

 

白河駅まで臨時シャトルバスが運行されます。

JR白河駅 ~ 白河病院前バス停
始発8:45~最終20:00、15~30分間隔

 

交通規制

詳しくは 「こちら」をご覧ください。

 

混雑情報

毎年約15万人の方が1日に訪れています

白河や近隣の方ばかりでなく、東京から観光がてら足を伸ばす人も多く人気なイベントなので混雑は必至です。

 

開始時間の9時から11時位までは比較的空いてますが、午後からは人で溢れかえるます。夕方以降もなかなかの混雑具合です。

小さなお子さんと一緒に行く場合はお早めの到着をおすすめします。

 

まとめ

1日に15万人の方が訪れる白河だるま市は人気のお祭りです。

中でもユニークな露店やご当地キャラのイベントもあるので、老若男女問わず大勢の方で賑わっています。

わかりやすいように動画や画像でまとめているので参考にしてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です