Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

龍勢祭り2018、日程や時間、見どころのまとめ。アニメ「あの花」の聖地!

「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない」

をご存知でしょうか!?

 

(引用元:dアニメストア

 

略して「あの花」というアニメが2011年に放映され、その舞台となったのが、秩父市の龍勢祭りです。

毎年30本以上のロケットが打ち上げられていますが、

打ちあがるときの轟音と白煙を舞い上げて舞い上がるロケットが、

 

まるで空を滑走と勢いよく舞う龍のようなので、「龍勢」と呼ばれるようになったと言われています。

 

そんな龍勢祭り2018の日程や時間、見どころを写真や動画とともにまとめてみました。

スポンサーリンク

龍勢祭りとは?

Hayatoさん(@hayato7290)がシェアした投稿

2018年3月8日に、「秩父吉田の龍勢」として正式に国の重要無形民俗文化財に指定されました!

 

椋神社例大祭に奉納する神事として、代々伝承されてきた農民による手作りロケットを打ち上げるものです。

起源などは諸説ありますが、天正3年(1575)に、龍勢を打ち上げたという椋神社社伝があるそうで、江戸時代の末期には、現在の木製型で打ち上げていたという記録もあります。

 

2011年には、アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

通称:「あの花」で、打ち上げたロケットのモデルになりました。

実際に、めんま役の茅野愛衣さんが口上を述べ、あの花ロケットを打ち上げましたので、ご存知の方も多いかと思います。

 

「あの花」とは?

ご存知ではない方もいると思うので、「あの花」について紹介します。

宿海仁太本間芽衣子安城鳴子松雪集鶴見知利子久川鉄道の6人は、小学校時代に互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスターズ」という名のグループを結成して秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。

 

しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、超平和バスターズは決別、それぞれ芽衣子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、中学校卒業後の現在では疎遠な関係となっていた。

 

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。

そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。

 

芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを探っていくことになる。

 

それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた仁太達は再び集まり始め、それぞれ抱えていた思いをぶつけあいながら絆を少しずつ修復していく。(引用元:Wikipedia

スポンサーリンク

龍勢祭り2018の日程・時間・場所

日程 10月14日(日)
時間 8:40〜17:00
場所 埼玉県秩父市の椋神社
公式HP  http://www.chichibuji.gr.jp/event/ryuusei/
スポンサーリンク

見どころ

打ち上げの順番がくると、1年間にわたって構想を練り、

丹誠込めて作り上げた龍勢をお披露目し、櫓までかついでいきます。

 

細心の注意を払いながら高さ約20メートルの打ち上げやぐらに龍勢をセットします。
ロープで引き上げ、導火線を付け、打ち上げ方向を定めます。

 

準備が完了すると、

「東西、トーザイー、ここに掛け置く龍の次第は…これを椋神社にご奉納~。」

と口上(こうじょう)を述べて披露します。

スポンサーリンク

導火線に火がはいり、点火後ごう音とともに、

一瞬に龍勢が300~500メートル上空に昇りつめます。会場からは歓声、拍手が流派に送られます。

(引用元:秩父観光なび

 

かなり手間がかかってロケットの準備をしているみたいですね。

約1年もかけて構想を練って、成功した日には最高ですね!

 

アクセス、駐車場

会場:埼玉県秩父市の椋神社

 

電車の場合

西部鉄道「西武秩父駅」下車
→ 臨時バス「龍勢会館行」で約40分、終点にて下車
→ 徒歩約10分

秩父鉄道「皆野駅」下車
→ 臨時バス「龍勢会館行」で約20分、終点にて下車
→ 徒歩約10分

 

臨時バスの時刻表はこちら



車の場合

・関越自動車道「花園IC」から国道140号を利用。
・関越自動車道「鶴ヶ島IC」または「川越IC」から国道299号を利用。
・山梨県側からは、国道140号を利用(雁坂トンネルを越えます。)

※混雑が予想されるので公式HPでも鉄道でのアクセスを推奨されています。

スポンサーリンク

まとめ

アニメ「あの花」の舞台にもなっているので、アニメファンはもちろん一般の方も楽しめるお祭りになっています。

ロケ地巡りに行ってみるのもいいかもしれませんね!

 

15分おきにロケットが発射されるので、観てる方を飽きさせません!

 

田舎の風景も素晴らしいので、一度参加してみてください!
 

今月のおすすめのお祭り

 

土居太鼓祭り2018、日程や見どころ、アクセスのまとめ【超巨大お神輿!喧嘩が多発するお祭り!?】

【動画あり、やべぇ!このお祭り面白過ぎるww】関ヶ原合戦祭り2018、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です