2月イベント・祭り, イベント・祭り, 沖縄のイベント・祭り

【沖縄旧正月】旧正月って何?沖縄旧正月と中国旧正月の習慣や食べ物の違いのまとめ

2018年の沖縄旧正月は2月16日、2019年は2月5日です。

どうしてこんなにも違うのでしょうか?

そもそも旧正月とはどういうものなんでしょう。

現在も五穀豊穣や豊漁を祈願する祭りや、先祖の供養を行う儀式など古くから伝えられてきた様々な年中行事のほとんどが旧暦に沿って行われています。

 

この記事では、沖縄旧正月をはじめ、沖縄ならではの年中行事について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

沖縄の旧正月とは?なんで毎年違うの?

 

旧正月とは、旧暦(=太陰暦)のお正月のことです。

日本では、1872年(明治5年)に、それまでの太陰暦にかわり太陽暦を採用したため、太陰暦(太陰暦とは、月の満ち欠けを基準にしたもの)のことを旧暦とも呼ぶようになりました。

例えば、旧正月は、現在の暦=太陽暦でいうと、1月20日~2月20日頃にあたルためその年によって日付が変わります。

 

沖縄の旧正月

本土復帰前に琉球政府によって「新正月一本化」が推奨され、現在沖縄では新正月が主流となっていますが、一方で、神仏への御願のために旧正月と新正月の両方を祝う家庭もあります。

 

沖縄の旧正月の食べ物

一番食べられるのは豚肉料理です。

旧暦の年の瀬になると、炭を昆布で巻いたお供え飾りや正月料理の食材など普段みかけない商品が店頭に並び、新正月ほどではないものの市場やスーパーは買物客で賑わいます。

糸満市などの漁業の盛んな地域は旧暦が色濃く残り、旧正月元旦の早朝、漁港では縁起物の大漁旗がなびき、家庭では御馳走がふるまわれハレの日を祝います。

スポンサーリンク

中国の旧正月とは?

中国の旧正月の過ごし方

中国と沖縄で旧正月の過ごし方が全然違うんです。

中国の旧正月は春節と呼ばれ、7日間ほど春節休暇と呼ばれています。

昔は春節休暇には、故郷に帰省するのが一般的でしたが、現在は国内旅行や海外旅行を楽しむ人たちが増えています。

 

中国の旧正月の食べ物

首都北京などの中国北部では、正月の食事といえば水餃子です。

春節休暇は5日間かけて餃子を食べるという風習があります。

一方、お米を主食としている中国南部では、水餃子でなく、湯圓(タンユエン)と呼ばれる、餡やゴマ、ピーナッツなどの具を入れた白玉団子のスープがお正月に欠かせない料理です。

スポンサーリンク

もうひとつのお正月、十六日祭

 

太陽暦の正月=新正月、太陰暦の正月=旧正月のほかに、実はもうひとつお正月があるんです。

それは、旧暦1月16日の「十六日祭(ジュウルクニチー)」と呼ばれるお正月で、あの世のお正月と言われています。

こちらのお正月では盛大に先祖供養を行います。

 

十六日祭りがある地域

ジュウルクニチーが盛んなのは宮古島地方や八重山地方です。

お墓の前に親戚が集まり、豚肉料理やかまぼこ、豆腐などを詰めた重箱を備え、先祖供養します。

宮古島地方や八重山地方では最も大きな行事で、この日は多くの人が里帰りします。

スポンサーリンク

まとめ

沖縄と中国の旧正月についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

なかなか馴染みがない旧正月ですが、お祭りみたいで面白そうですよね!

地域によって食べ物も違ったり、習慣も違うみたいですしね!

 

旧正月に沖縄や中国に行く方がいましたらぜひ楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です