新居浜太鼓祭り 2018 日程は?今年も喧嘩が起こる?

10月イベント・祭り イベント・祭り 中国地方のイベント・祭り

新居浜太鼓祭りをご存知ですか?

新居浜太鼓祭りは、徳島の阿波おどり、高知のよさこい祭りと並んで四国三大祭りとして知られ、巨大で豪華絢爛な山車の練り歩きと、その山車と山車をぶつけ合う喧嘩が見どころで、
それらを楽しみに毎年多くの観光客が集まる人気の祭りです。

今回はそんな新居浜太鼓祭りをご紹介します。

スポンサーリンク

新居浜太鼓祭りとは

新居浜太鼓祭り(にいはまたいこまつり)は、愛媛県新居浜市で
毎年10月16日から18日までの三日間を中心に行われる秋の豊作を祝う秋祭りです。

鎌倉時代あたりから続いていて、当初太鼓台は単なる山車の一つだったようですが、段々メインの存在となりさらに豪華になってきました。

巨大で豪華な山車が祭りの間、街を練り歩き、
またそれを担ぎ上げる男達が技と力を競い合います。

喧嘩祭り、または男祭りの異名でも知られています。

 

現在のように山車が大きくなったのは明治中期以降からで、
別子銅山により産業が起こって地域経済が発展するにつれて
太鼓台を所有する地域同士の対抗意識の高まりから大型化し、
装飾も時代とともに豪華になっていったようです。

新居浜太鼓祭りの特徴は、
龍、虎、屋形などの形が金糸銀糸に彩られた絢爛豪華な山車。

これは、「太鼓台(たいこだい)」と呼ばれているのですが、祭りの期間中は、
それがなんと50台以上も練り歩くんです。

愛媛の新居浜太鼓祭りは男祭り

みっちゃんさん(@mitsuaki_i0822)がシェアした投稿

長い歴史に培われた「新居浜太鼓祭り」の魅力の側面は数え切れないほどありますが、第一に上げたいのは「男祭り」である、ということでしょう。大まかな伝承によると平安時代から続く祭りだということです。

愛媛の新居浜太鼓祭りの歴史

sohma_kawamuraさん(@doji_k_1017)がシェアした投稿

「新居浜太鼓祭り」の起こりは平安時代からという伝承ですが、太鼓台の歴史となると鎌倉時代からということのようです。あくまでも大まかな伝承ということです。明治時代になると別子銅山開坑によって地域経済が発展し、それと共に太鼓台の設えもだんだん豪華になって今日に至り、その熱量から喧嘩祭りの別称も出てきたのでしょう。

スポンサーリンク

新居浜太鼓祭り2018のみどころ、主な行事の内容

あかりんご🍎さん(@akaringo_02)がシェアした投稿

  • 内宮神社石段かきあげ神事
  • かきくらべ
  • 船御幸
  • 喧嘩

内宮神社石段かきあげ神事

内宮神社石段かきあげ神事は、新居浜太鼓祭りの最初に行われる行事で、10月16日の午前4時に内宮神社の大鳥居を4台の太鼓台がくぐって穢れを祓う「氏宮参り」が行われる。

かきくらべ

かきくらべは、新居浜太鼓祭りの一番の見せ場で、約150人の担ぎ手が重さ約2・5tの太鼓台を空に掲げる「さしあげ」が行われ、そのまま地面に降ろさずに、耐久時間を競い合う。

船御幸

船御幸は、小型船に乗せられた神輿を先頭に、大型の専用船に太鼓台が乗せらて、新居浜港本港地区内を1周しながら「かきくらべ」が行われ、豊漁と安全祈願が祈られる。

喧嘩

喧嘩は、「鉢合わせ」とも呼ばれ、太鼓台をぶつけ合い喧嘩をすることで、盛り上げるために前もって打ち合わせする場合もあるが、本当の喧嘩になってしまう場合もある。

新居浜太鼓祭り2018アクセス

会場:新居浜市内各地

●電車

JR新居浜駅

●車

松山自動車道新居浜IC、10分

●周辺の有料駐車場の地図

※臨時駐車場と交通規制図は、こちらの新居浜市の公式サイトから確認できます。

スポンサーリンク

 

今月のおすすめのお祭り

 

土居太鼓祭り2018、日程や見どころ、アクセスのまとめ【超巨大お神輿!喧嘩が多発するお祭り!?】

【動画あり、やべぇ!このお祭り面白過ぎるww】関ヶ原合戦祭り2018、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です