Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中村精寛 顔画像・facebook調査 あおり運転の挙句、バイクに衝突し大学生死亡 

堺市内の路上でバイクに「あおり運転」をした上、故意に追突して男子大学生を死なせたとして、中村精寛容疑者が逮捕されました。

 

なぜ煽り運転をしたのでしょうか?

 

事件の詳細をみて行きましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

堺市内の路上でバイクに「あおり運転」をした上、故意に追突して男子大学生(22)を死なせたとして、大阪府警交通捜査課は4日までに、殺人などの疑いで同市南区茶山台の警備員中村精寛容疑者(40)を逮捕した。

「わざとぶつけたわけではない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は2日午後7時半ごろ、同区の府道で大学生のバイクにあおり運転を繰り返し、バイク後部に車をぶつけ転倒させ、死亡させた疑い。

同課によると、中村容疑者は当初、「前方不注意だった」などと話し、府警は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕。

その後の捜査で、同容疑者が約1キロメートルにわたり、車を異常にバイクに近づけたり、クラクションを鳴らしたりしていたことが分かった。

速度を上げて追突する様子も、同容疑者の車のドライブレコーダーに映っており、同課は死亡事故につながる危険性を認識しながらわざと追突したと判断。

3日に殺人などの容疑で再逮捕した。

同容疑者は「気付いた時にはもう遅く、ぶ

つかった。殺意はなかった」と話しているという。

同課は大学生との間に通行トラブルがあったとみて、経緯を調べる。

 

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

 

名前:中村精寛

年齢:40歳

職業:警備員

住所:大阪府堺市南区茶山台

 

スポンサーリンク

ネットの声

 

 


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です