どんど焼きin長野2019!どんど焼きとは?オススメの長野で開催されるどんど焼きスポット紹介!

1月イベント・祭り イベント・祭り 中部地方のイベント・祭り

お正月が終わると「どんど焼き」が行われます。

どんど焼とは、お正月にお迎えした歳神様を、お正月飾りなどを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるんです。

全国で行われる行事ですが、地域によっては、「かんじょ」「さぎっちょ」「とうどうさん」「おんべ」「左義長(さぎちょう)」などとも呼ばれます。

今回は、長野近郊で「どんど焼き」をする神社をご紹介します。

スポンサーリンク

どんど焼きとは

「どんど焼き」は、お正月飾りやしめなわ、鏡餅、書初めなどを家から持ち寄り、一か所に積み上げて燃やします。

火がどんどん燃えることから、「どんど焼き」という名前が付いたとも言われています。

お正月にお迎えした歳神様を、お正月飾りなどを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるんです

神社等にやぐらが用意されていて、そこに積み上げて燃やし大きな炎となります。
そして、その火で餅や団子を焼いて食べるとその1年無病息災になると言われています。

地域によって呼び方が違い、「とんど」「左義長」「鬼火炊き」などたくさんの呼び名があります。

ただ、神社や地域によってダメなものもあるので、確認してみてくださいね!
神社や地域の行事として、日本全国で行われています。

昔は1月15日に行われていましたが、成人の日が1月の第二月曜日に変更になったことから、1月の第二日曜日などに行われることが多くなってきました。

意味や由来

正月に家に迎えた年神様が浄化の炎や煙と一緒に天に昇り、それを見送るという意味があります。

ただ、江戸時代の文献によると、小正月にやる火の行事として正式名称は「左義長」だったようです。

どんど焼きは「方言」とされています。

しかし現在は、

日本全国ほとんどが、どんど焼き
京都・北陸が左義長
九州は鬼火焚き

のようです。

今では、左義長のほうが方言ですね。

じゃあ、左義長ってなに??ってなりますよね。

左義長の始まりは平安時代とされています。

正月遊びの道具として使われた、毬杖(ぎっちょう)という木の枝を削って作ったゴルフクラブのようなものを3本束ねて燃やしたことから始まったとされています。

語源から左義長は主に子供が主体となった行事が多く、お焚き上げは神社やお寺で行われ、どんと焼きは縁起物と一緒に竹を燃やすと「ドンッ」と爆発音がすることからきているそうです。

呼び名や細かいしきたりなどは違いますが、正月飾りや古い縁起物を供養したり、歳神様や田の神様を見送る意味があります。

また、燃え残りや煙には神様が宿るので、書き初めを焼いて高く舞い上がると上達する、餅や団子を焼いて食べると1年風邪をひかない、灰を家の周りに撒くと厄除けになるといったご利益があるとされています

 

スポンサーリンク

長野で開催されるどんど焼き2選!

その1:戸隠どんど焼き祭り

昭和45年に戸隠国営スキー場(現戸隠スキー場中社ゲレンデ)が開業した戸隠中社地区。

それまで、冬は人影もなく、雪に閉ざされたかのような集落に、徐々にスキー客が訪れるようになりました。

そして、バブル時代には渋滞ができるほどスキーブームに沸いた戸隠。小正月に、スキー場の感謝祭を兼ねたイベント「どんど焼き祭り」が実施されるようになったのも、その頃のことです。

日程 2019年
住所 戸隠スキー場中社ゲレンデ

〒381-4101 長野県長野市戸隠 長野市戸隠3682−3

アクセス (1)上信越道信濃町ICから車で(約17km・約30分)
(2)JR長野駅からバスで(バス約1時間)
お問い合わせ 026-254-2106

当日の夜、中社ゲレンデから数百メートル離れた場所にある道祖神前から、松明行列がスタートします。1月15日に焚かれたどんど焼きの種火を、この日まで大切にとっておき、点火するのです。

行列が到着するのを待つ間、中社ゲレンデのどんど焼きのやぐらの前では、戸隠神社の神主により、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全等を願う神事が行われ、戸隠観光協会長を始め、地元の代表が玉串を奉納します。

後に、中社ゲレンデに到着した道祖神の松明は、やぐらに点火されますが、その方法には、戸隠ならではの趣向が凝らされています。ここで種明かしをするのはもったいないので、ぜひ、当日、中社ゲレンデでご覧ください。

打ち上げ花火もある!

やぐらに火が灯ると、祝宴のスタートです。

雪上の舞台では、戸隠太鼓の演奏が盛大に始まります。

標高1200メートルのゲレンデの夜は凍てつく寒さで、手袋をしていなければすぐに手が凍ってしまいそうですが、戸隠太鼓の人たちの熱気溢れるパフォーマンスは、寒さも忘れるほど。

参加者が甘酒や樽酒、そして紅白餅の振る舞いなどを楽しんでいるうちに、やぐらを包む炎はどんどんと燃え上がっていきます。

昔は、餅をどんど焼きの火で焼いて食べると風邪をひかないとも言われ、真っ黒な餅を食べたそうです。

そして、宴もたけなわとなった頃、会場をどよめかせるのが、雪上に打ち上げられる花火。

中でも、お祝い・応援などのメッセージを花火とともにプレゼントする「お祝い花火」というサプライズ企画は、戸隠どんど焼き祭りの名物となっています。

心のこもったメッセージとともに美しい花火が打ち上げられると、会場一帯がほのぼのとした雰囲気に包まれる、冬の戸隠の名物です。

引用:ナガラボ

 

スポンサーリンク

 

その2:善光寺

(引用:wikipedia)

参拝者は初詣にお参りに来るときに去年の縁起物を持ってきて善光寺におかえしし、また帰りがけに新しい縁起物を求めていかれます。

返納された縁起物は毎年1月15日に六地蔵西の広場で行なわれるお焚きあげで、住職たちの読経のもと燃やされ供養されることになります。

またこのお焚きあげは、どんど焼きとも呼ばれ地元の子供たちから親しまれています。

日程 2019年1月15日
住所 〒380-0851 長野県長野市長野元善町491
アクセス JR長野駅から善光寺までは、善光寺口バスロータリー「1番のりば(善光寺方面行き)」発の路線バスをご利用ください。
(長野駅→善光寺大門、所要時間約15分、運賃150円)
善光寺大門のバス停から善光寺本堂までは、徒歩5分程度です。
お問い合わせ 026-234-3591

スポンサーリンク

どんど焼きに行けない場合はどうすればいいの?

どんど焼きは日にちが決まっているので、行けない場合や忘れてしまう場合もありますよね。

そんなときは、次の2つの方法があります。

その1:近くの神社やお寺に持ち込む

大きな神社ではボックスやスペースを設けて1年中受け付けているケースもあります。
納め所の前に賽銭箱があるので、お焚き上げ料を添えます。
お焚き上げ料は気持ちの問題ですが、しめ縄の代金程度の額と考えるのが良いでしょう。
正月飾りもOKなところもあるので事前に確認して行きましょう。

規模の小さい神社などは受付しないところもあるので、いくつかの神社に問い合わせたほうが良いでしょう。上の場合と同じように気持ち程度のお焚き上げ料を添えます。無人の小さい神社などは古札納め所が設置されてない場合もあります。

 

その2

自宅でお清めして処分する

 

神社に返納しなくても自宅で処分することも可能です。
自宅で処分する際はしっかりとお清めしましょう。

また、可燃物と不燃物に分けてごみ収集に出しましょう。

お清め方法
1、新聞紙の上にお清めしたい物を乗せます。
2、その上からお塩を「左、右、左」の順で3回振りかけます。
3、新聞紙でしっかり包みます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どんどん規制が厳しくなっており、どんど焼きを行わなくなった神社もあるようで残念ですが、これからも続けていって欲しいですね。

使い終わった正月飾りなどは、どんど焼きに持っていって燃やして、1年間の無病息災を願いましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です