【壬生寺 節分祭のまとめ】壬生狂言、炮烙奉納、屋台情報、日程やアクセスを紹介!

2月イベント・祭り イベント・祭り 近畿地方のイベント・祭り

壬生寺の節分祭は京都でも節分祭として有名です。

「四方参り」の1つとして数えられる壬生寺で実施される有名な節分祭です。

 

この記事では壬生寺の節分祭2019の日程や時間、屋台情報をまとめています。

スポンサーリンク

 

壬生寺とは?

壬生寺(みぶでら)は、京都市中京区壬生にある律宗大本山の仏教寺院である。

本尊は地蔵菩薩、開基は園城寺(三井寺)の僧快賢である。

中世に寺を再興した融通念仏円覚上人が創始したとされる「大念仏狂言」を伝える寺として、また新選組ゆかりの寺としても知られる。

 

園城寺(三井寺)の僧快賢が、991年正暦2年)に自身の母のために建立したとされる。

1005年寛弘2年)には堂供養が行われ、この時小三井寺と名付けられた。[2]白河天皇の行幸の際には、地蔵院の寺号を賜ったといわれている。

京都では珍しい律宗(総本山は奈良・唐招提寺)寺院である。

 

中世に融通念仏円覚上人が中興。

大念仏会の際に上演される重要無形民俗文化財の「壬生大念仏狂言」(壬生狂言)は円覚上人が始めたものと伝えられる[4]

 

江戸時代後期の幕末には京都の治安維持を目的に活動した新選組(当初は壬生浪士組といった)の本拠が壬生村の八木家に置かれた。

当寺境内は新選組の兵法調練場に使われ、武芸などの訓練が行われたという。

その縁で境内には局長近藤勇の銅像や、新選組隊士の墓である壬生塚がある。

 

当寺旧本尊の地蔵菩薩半跏像(鎌倉時代後期の作)は、「壬生地蔵」と呼ばれ信仰を集めていたが、1962年(昭和37年)7月25日、放火により本堂とともに焼失した。

現在の本尊・地蔵菩薩立像は、火災後に本山の唐招提寺から移されたものである。

(引用元:wikipedia

 

壬生寺節分祭2019とは?

壬生寺節分祭は、毎年2月2日~4日までの3日間で開催されています。

 

壬生狂言という身ぶり手ぶりの無言劇(パントマイム)が有名です。

この期間にはなんと狂言が8回も行われます。

 

演者が仮面を被り、台詞もないままにユニークな動きをして、仏の教えを説いてくれるのが壬生狂言です。

セリフのない劇なので、わかりやすいので初めての方も楽しめると思います。

 

また炮烙奉納という素焼きのお皿に願い事を書いて奉納する行事が有名です。

奉納したお皿は4月21日に狂言中に割ることで願いが叶うと言われています。

スポンサーリンク

壬生寺節分祭2019の日程・時間・場所

会場 壬生寺
日時 2019/2/2~2/4
住所 京都市中京区坊城仏光寺北入る
交通 阪急電車「大宮駅」または嵐電(京福電鉄)「四条大宮駅」下車、徒歩10分
市バス「壬生寺道(みぶでらみち)」バス停下車、徒歩5分
駐車場 なし ※公共の交通機関をご利用ください。
料金 境内無料
壬生塚(新選組隊士の墓所) 8:30~16:30
参拝料…100円
壬生寺歴史資料室(壬生寺阿弥陀堂の地階)  8:30~16:30
入室料…大人200円 小学・中学・高校生100円
お問合せ先 壬生寺 075-841-3381
ホームページ 壬生寺 http://www.mibudera.com/
備考 壬生狂言「節分」は、2日・3日の両日、午後1、2、3、4、5、6、7、8時の1日8回繰り返し上演される。
壬生寺会館の二階へ上がると、狂言堂前の観覧席がある。拝観は無料。

 

壬生寺節分祭2019の見どころ

 

見どころ①壬生狂言

狂言の上演時間は、2月2日(金)、3日(土)のみです。

 

狂言の上演時間
13:00〜20:00に1時間おきに公演され、約40分で、入れ替え制となっています。

 

見どころ②炮烙奉納

生寺の節分会では『ほうらく奉納』という厄除け祈願が名物となっています。

ほうらく(炮烙)とは素焼のお皿のことを言います。

 

やり方はシンプルで、お皿の表面に、厄除けしたい家族の名前と願い事を書いて納めるだけです。

なんとこのお皿が4月21日に行われる壬生狂言の演目『炮烙割』の上演中に舞台から落とされて割られます!

 

自分のお皿が割られることと厄除け・開運となると言われています。

スポンサーリンク

見どころ③屋台

 

お堅い行事だけではないので安心してください笑

 

節分祭開催期間中は壬生寺周辺に多くの屋台が出店します。

フライドポテト、唐揚げなどの定番の屋台グルメはもちろんですが、なんと炮烙の屋台も出店されています。

 

出店時間は20:00頃までなので比較的短いですね。

2月2日と2月3日は狂言の最終上演が20:00からですので、これに合わせて多くの屋台が閉店となります。

 

アクセス

 

住所:〒604-8821 京都府京都市中京区中京区壬生梛ノ宮町31

 

電車の場合

阪急電車「大宮駅」または嵐電(京福電鉄)「四条大宮駅」下車、徒歩10分

 

バスの場合

市バス「壬生寺道(みぶでらみち)」バス停下車、徒歩5分

 

車の場合

駐車場は利用できません。

周辺のパーキングエリアも埋まっていることが多いのでおすすめしません。

スポンサーリンク

まとめ

壬生寺の節分祭はいかがでしたか?

歴史の古い京都らしいお祭りの一つです。

特徴は豆まきなどの定番イベントはなく、壬生狂言と炮烙奉納です。

 

詳しくは上記にまとめたのでチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です