国内ニュース

松崎大治 顔画像あり 幼い息子に暴行し死亡させ、22歳父親逮捕 

またもや幼児虐待の悲しい事件が発生しました。

 

生後6ヶ月の男の子を暴行して殺害したとして、22歳の自称アルバイト・松崎大治容疑者が逮捕されました。

 

なぜ子供を殺害したのでしょう?

 

事件の詳細を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

事件の概要

大阪市淀川区で、当時生後6カ月の次男に暴行を加えて死亡させた疑いで、父親が逮捕された。

 

傷害致死の疑いで逮捕されたのは、自称・アルバイトの松崎大治容疑者(22)。

 

松崎容疑者は2017年12月に大阪市淀川区の自宅で、当時生後6カ月の次男に暴行を加え、脳に傷害を負わせるなどして死亡させた疑いが持たれている。

 

仕事から帰宅した母親が、次男の様子がおかしいことに気が付き、通報したという。

 

逮捕される前、松崎容疑者は「ソファに寝かせていたら落ちて、大泣きした。

 

あやしていたら暴れたため、手があごに当たった」と話していた。

調べに対し、松崎容疑者は「わたしは何もしていません」と容疑を否認している。

スポンサーリンク

次男の死因は?

時生後6カ月の次男に暴行を加え、脳に傷害を負わせるなどして死亡させた疑いが持たれている。

脳に障害と報じられていますが、急性硬膜下血腫と他メディアでは報じられています。

妻は仕事で外出していたが、それまで次男の体調に異常はなかった。

捜査1課によると、帰宅した松崎容疑者の元妻が次男の様子がおかしいことに気付き、小児救急電話相談へ電話するとともに119番していた。

 松崎容疑者は逮捕前の調べに対し「ソファで寝かせていたら床に落ちた」と説明。「抱っこしてあやしていたが、泣きやまず思い切り暴れたので手

があごに当たった」とも話し、暴行については否定していた。

 

ニュースを見る限りゆさぶったなどの情報はありません。しかし、子供の様子がおかしかったり、ソファから落ちたなら、傷はないか、様子がおかしくないかを確認するはずです。

 

府警によると、当時妻は仕事で外出し、松崎容疑者は次男と長男の計3人で自宅にいた。帰宅した妻が異変に気付いて119番した。司法解剖などの結果、次男の脳内が広範囲に出血していたほか、左腕の骨折や顔にあざなどもあり、府警は虐待とみて調べていた。

やはり虐待だったのでしょうか。もし本当ならとても悲しいですね。

 

 

急性硬膜下血腫とは?

頭蓋骨(ずがいこつ)の内側にある硬膜内で出血し、塊となった血が脳を圧迫する。急性の多くは頭を強く打つなど外部からの衝撃で起きるが、乳幼児の場合、揺さぶりなどでも起こり、虐待されている子どもに多くみられる。眼底から出血しているケースは特に虐待の可能性が高いとされる。また、硬膜下血腫が慢性化している場合、虐待が繰り返されていることがある。

スポンサーリンク

 

容疑者のプロフィール

名前:松崎 大治(まつざき たいち)
年齢:22歳
職業:自称アルバイト
住まい:淀川区

 

顔画像

 

 

職場・バイト先は?

次に松崎大治容疑者の職業やアルバイト先はどこか調べて見ました。

松崎大治容疑者は自称アルバイトと証言しているようですが、どんなバイト、業務をしていたのでしょうか。

松崎大治容疑者の職業について調べてみると、自称アルバイトと報道しているところもあれば職業不詳と報道しているところもあります。

 

詳しく明らかになり次第追記していきます。
 

スポンサーリンク

 

ネットの声

 

長男は無事か?

 

産まれて半年、酷い父親にあたったね。父親の資格なし。

 

なぜ、自分だったらされたくない事を…自分の子供、または例え血の繋がりが無い子供相手に出来るのか、理解に苦しむ。

あまりに自分本意な大人が多すぎる。
子供の未来を摘むような大人は、子供が生きる邪魔するな。

 

手が顎に当たった?
アッパーカットじゃ無いか。
極刑は無理だろうが
思い罰をお願いします。

 

理性も知性も教養も足りないんだから痛みで解らせてからじゃないと世に放ってはいけないと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です