あかりの日の由来はあの発明王エジソン?初期の電球は日本の竹で作られてた?

10月イベント・祭り イベント・祭り

みなさんは”あかり”と聞いてどんなものをイメージしますか?

白熱電球蛍光灯、最近ではLED電球も認知されています。

私たちの日常生活には欠かせない物の一つですよね。

しかしそんなあかりに記念日があることはご存知ですか?

毎年の10月21日は“あかりの日”です。

今回はあかりの日についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

あかりの日の由来はあのエジソン?!

HIMITSUKICHIさん(@himitsukichi_official)がシェアした投稿

あかりの日は、誰もが知る発明王エジソン由来しています。

エジソンが残した3大発明が何かご存知でしょうか?

エジソンが残した3大発明といえば蓄音器写機、そして白熱電球です。

ですが厳密に言うと電球を発明したのはエジソンではありません。

電球はもともとイギリスの化学者であるスワンによって発明されました。

しかしスワンの電球は寿命が非常に短く、実用化には至らなかったのです。

そこでエジソンは電球の発光部であるフィラメントの研究を重ね、長時間の使用に耐えられるように電球を改良していきました。

そして世界で初めて実用的な電球が開発されたのが1879年10月21日

それも日本・京都産の竹を使って白熱電球を完成させたそうです。

一方で、日本で初めて白熱電球が実用化されたのは1890年のことでした。

それまではろうそくなどで明かりを確保することが当たり前だったため、スイッチをつければ明かりを確保できるというのは画期的で多くの人が喜びました。

実用的な電球が完成したことで電気を使った照明世界中へと広がっていき、さらなる発展へと繋がりました。

エジソンのこの偉業をたたえて10月21日はあかりの日と制定されたのです。

エジソンには感謝しないといけないですね^^

スポンサーリンク

あかりの日を制定したのは誰?

ikeさん(@pond_ike)がシェアした投稿

あかりの日は日本照明工業会、日本電気協会、照明学会の、この3つの団体からなる「あかりの日」委員会によって制定されました。

「あかりの日」委員会は照明についての情報を発信しています。

多くの人に照明に関心を持ってもらうこと。

よりよい照明のあり方ついて考えてもらうことを主な目的として活動しているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です