Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

寝て痩せられる?空腹睡眠ダイエット!

空腹睡眠ダイエットとは

空腹睡眠ダイエットは、至ってシンプル簡単です。その方法は、

『18時以降、何も食べずに寝る』

これだけです。かなり古典的な方法で昔からこのダイエット法は存在しています。

更にこのダイエット法は数々のモデルさんの間でも常識として日常的に取り入れてるとのことです。

何度かダイエットを試みたことのある方は知っているかもしれませんが

「夜は出来るだけ食べない」

というのを徹底的に行ったというダイエット方法になります。

「夜食べると太る」というのはダイエット界では常識。空腹睡眠ダイエットは、昔ながらの古典的なダイエット方法と言えますね。

 

空腹で寝ることのメリット

体脂肪を消費させる

寝ている間に成長ホルモンやコレチゾールが消費してくれるカロリーは、約300~500キロカロリーとされています。空腹状態で寝ると、このカロリーが体脂肪から消費されていきます。

 

満腹状態は良質な睡眠の妨げに

満腹状態で寝ると、食べた物の消化で臓器が休まらず、良質な睡眠がとれません。
また、内臓が活動し温度が上がることによって、深部体温が下がりくくなり睡眠が浅くなります。
満腹になると脳に指令が行き一時的に眠くなりますが、睡眠の質を考えると満腹状態で寝てはいけません。

寝る時間が自然と早まる

空腹睡眠と言っても、あまりにお腹が空くと寝つきにくくなってしまいますよね。
最後に食べてから5時間以上経過してしまうと、「お腹空いたな」という感覚が強くなってくると思います。なのでそうなる前に寝てしまおうという意識が働き、空腹睡眠ダイエット実践中は自然と就寝時間が早まってきます。

 

適切な朝食が取れる

満腹状態で寝ると、翌朝胃もたれしていて朝ごはんを食べる気になれなかったり、逆に胃袋が膨張して強い空腹間に襲われ、朝からドカ食いしてしまうなんてこともあります。

空腹状態で寝た朝は、丁度良いくらいにお腹が空いていて、スムーズに適切な量の朝食を食べることが出来ます。

朝食べることで代謝が上がるので、長期的なダイエットには朝食を摂ることは大事です。

スポンサーリンク

空腹睡眠ダイエットを成功させるコツ

無理はしない、週に4日で効果あり

仕事の都合やプライベートの予定で、18時までに夕食を食べられないときも当然出てきますよね。

そんなときは無理して夕食を抜いてしまうではなく、遅くなっても潔く夕食を食べましょう。

空腹睡眠ダイエットは、1週間の内、4日間取り入れるだけでもかなり効果があります。

なので夜遅くにご飯を食べたり、たまには飲みに行ったりしても罪悪感を感じる必要はないのです。

もし食べ過ぎた場合は翌日軽めの食事にしたりすることで調整すれば極端に太ることもありません。

スポンサーリンク

早めに寝る

一般的に人は「3時間毎にお腹が空く」なんて言われていますが、それは食べたものが胃の中で消化されるのが、3~5時間程掛かるからです。

なので最後に食べてから5時間以上経つとさすがにお腹が空いてきます。あまりにも空腹だと当然睡眠の妨げになります。

18時までに夕食を食べることが出来た日は、遅くとも23~24時の間には寝るように、「5時間経過したら寝なくちゃ」ということを意識しましょう。

朝食にドカ食いしない

空腹睡眠をした翌朝、昨日我慢したからたくさん食べようかな?のような気持ちで好きなものを食べたくなるのは分かりますが、それは良くありません。

空腹のまま寝たことによって、「空腹時間」が長く続いている状態にあります。そんなときに高カロリーなものをたくさん食べると、栄養吸収が高まっているので脂肪増加に繋がります。

あくまでもバランスの取れた、朝に相応しい「普通の朝食」を食べるようにしましょう。

糖質や脂質の多い高カロリーなものは昼食に回すのがベストです。

スポンサーリンク

おわりに

空腹睡眠ダイエットは、慣れるまでは辛いかもしれませんが慣れてしまえばとっても簡単です。

 

夜食べないので翌朝スッキリ起きれることで生活リズムが整い調子がよくなることもあります。

早い時間に夕食を済ませて、早く寝るという生活を続けていれば、それがそのうち当たり前になります。

無理のない範囲で空腹睡眠を行ってみて下さいね。

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です