【江東区花火大会2018】日程・見どころ・アクセス・穴場

8月イベント・祭り イベント・祭り 東京のイベント・祭り 関東地方のイベント・祭り

今年も真夏の夜空を彩る江東区花火大会が開催されます。

 

ここでは江東区花火大会2018を超楽しめるおすすめスポットをご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

江東区花火大会とは

Ito Tsuyoshiさん(@trico303)がシェアした投稿


最大4号玉が観賞できる、東京都江東区の大会。

荒川に浮かべた台船から、次々とスターマインが打ち上げられます。

メイン会場の河川敷までは、150mの至近距離で花火が観覧できるという豪華さです。

芝生の広場や護岸など、好みの場所にシートを敷いて、ゆったり見物できるのが特徴です。

川面に映える花火には納涼感を感じられ、下町情緒も味わえます。

 

江東区花火大会2018の基本情報

大会名称 第36回江東花火大会
開催日 平成30年8月1日(水曜日)

※小雨決行、荒天(風速7メートル以上)等の場合は中止(順延日なし)

開催時間 午後7時30分から午後8時30分まで(打上げは午後7時40分から)
開催場所 荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)
打上げ数 約4,000発
昨年の人出 約30万人
花火以外の

イベント

なし
売店・屋台 なし
有料観覧席 なし
トイレ 荒川・砂町水辺公園内に常設トイレおよび仮設トイレが数か所あります。

※仮設トイレは葛西橋下・清砂大橋下ほかに設置(一部に洋式タイプあり)。

見どころ 打上げ場所から会場の荒川・砂町水辺公園まではわずか150メートル。臨場感・迫力満点です!花火が川面に映えて納涼感もたっぷりです。
主催者からのお願い
  • 入退場時は急な階段・坂道に多くの人が殺到します。大変危険ですので、係員の誘導に従いゆっくりとお進みください。
  • 会場内および地域の美化と禁煙にご協力をお願いいたします。ごみはご自宅までお持ち帰りください。
  • 会場周辺に駐車場はありません。公共交通機関または自転車をご利用ください

(葛西橋下および清砂大橋下に臨時駐輪場があります)。

交通規制 会場周辺は、午後5時30分から午後9時30分まで車両通行止め

(土手通りは午後3時から午後9時30分まで車両通行止め)。

※「葛西橋」・「清砂大橋」は通行できます。

主催者 江東花火大会実行委員会
お問合せ先 江東区地域振興課区民交流担当 電話 03-3647-4963 FAX 03-3647-8441
スポンサーリンク

江東区花火大会2018の開催場所は?

 

江東花火大会2018の開催場所は例年通り、荒川・砂町水辺公園(東京都江東区東砂8丁目22番地先)で、荒川に浮かべた台船から花火が打ち上げられます(上記の地図は花火の打上地点を指しています)。

江東花火大会2018をベストポジションで楽しむために、あらかじめ花火の打上場所を地図で確認しておきましょう。

 

会場までのアクセス、交通規制について

交通機関

●東京メトロ東西線「南砂町駅」より徒歩15分
●都営地下鉄新宿線「東大島駅」より徒歩20分
●JR・東武鉄道「亀戸駅」よりからバス(亀24葛西橋行)約15分、バス停「葛西橋停留所」より徒歩5分など

当日は混雑が予想されるので、時間に余裕を持って来場することをおすすめします。

 

※会場周辺の交通規制があるので、会場周辺で車両通行止になります。

会場周辺は、午後5時30分から午後9時30分まで車両通行止め

(土手通りは午後3時から午後9時30分まで車両通行止め)。

 

※「葛西橋」・「清砂大橋」は通行できます。

 

マイカーでの来場不可になるので、交通機関を利用してのアクセスをおすすめします。

 

江戸川区花火大会2018のおすすめスポット

 

荒川・砂町水辺公園

江東花火大会2018の開催場所となっている荒川河川敷を利用した公園です。

花火の打上場所から非常に近いため、大迫力で花火を観賞できるおすすめスポットです。

花火の打上地点に近いですが、荒川・砂町水辺公園は東京ドーム約2個分くらいの敷地面積があるので、花火大会開始後でも普通にレジャーシートを敷く場所を確保できます。

 

首都高速中央環状線下

荒川上を走っている首都高速中央環状線の高架下からは花火がよく見えます。

清砂大橋

江東花火大会の打上場所よりも荒川下流(南側)に架かっている橋です。視界を遮るものが一切ないので、花火の写真を撮るには絶好のスペースです。

 

 

花火の必須アイテム

日焼け止め

夏の花火大会は結構待ち時間が長いので、日が沈む前から待たなければなりません。

日焼けが気になる方は日焼け止めをしていくとよいかと思います。

花火大会にオススメの日焼け止め

 

レジャーシート

座ってゆったり見るなら、レジャーシートは必須ですね。早めに用意していきましょう。

 

虫除けスプレー

また、特に水辺の近くだと蚊が多く発生します。花火大会を終わって帰ると痒くて仕方がないということもありますので、虫よけスプレーをしておくとよいでしょう。

 

最後に

いかがでしたか?江東花火大会2018のおすすめスポットを紹介しました。

 

ぜひ楽しんで来てくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です