11月11日はきりたんぽの日!その由来やイベントは?

11月イベント・祭り イベント・祭り

皆さんはきりたんぽはおすきですか?

秋田県といえば、きりたんぽを思い出す方も多いのではないでしょうか。

専用の串やわり箸に巻きつけて作られる細長い形が特徴的なきりたんぽ。

もちろん見た目が個性的なだけではなく、味もとってもおいしいですよね。

そしてこのきりたんぽには、記念日があることをご存知でしたでしょうか?

そこで、今回はきりたんぽの日について、ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

きりたんぽってどんなもの?

きりたんぽとは、お米こねてまとめてから、串に刺して細く伸ばし七輪やいろり、ガスコンロで焼いて作る料理です。

発祥は秋田県鹿角(かづの)といわれています。

味噌をぬって焼いたり、切り分けたものは鍋の具材としてもよく使用されますね。

見た目はちくわのようですが、お米の風味独特の歯ごたえがあり秋田のご当地料理として人気を集めています。

きりたんぽの言葉は、「きり」、「たんぽ」に分けられます。

串に刺してある状態を”たんぽ”、
串から外して

切り分けたものを”きりたんぽ”と
呼ぶんですよ。

きりたんぽのきりって「切り」なんですね「切り」。
切ったたんぽで、きりたんぽ。

面白いですね。

刺さってても、切られていない状態でもきりたんぽだと思っていた方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

きりたんぽの日って?

きりたんぽの日は
毎年の11月11日です。

きりたんぽをより広く全国に広げる目的2000年に制定されました。

日付の由来になったのはずばり見た目です。

 

きりたんぽを並べていろりで焼いている光景が、「1111」、、と見えることから11月の11日が選ばれました。

 

ビジュアルで覚えられるのは、
分かりやすくてうれしいですね。

きりたんぽの日を制定したのは、
発祥の地 鹿角きりたんぽ協議会”です。

きりたんぽ協議会は、きりたんぽに関する情報を発信したり、いろいろなイベントを積極的に開催しているんですよ。

11月11日は記念日が盛りだくさん!

他にも11月11日はいろいろな記念日があります。

一番有名なところだと、「ポッキーの日」でしょうか!

正式にはポッキー&プリッツの日といいます。

由来はポッキーやプリッツを6つ並べると111111に見えることから。

これは有名ですね笑

そのほかには下記のような行事やイベントもあります。

サッカーの日、日程や由来、他の記念日のまとめ。

11月11日は介護の日!その由来は?全国のイベント紹介!

11月11日は電池の日!その由来とは?できた理由も!

そのほかに、面白いところだと、

もやしの日

「1111」がもやしを4本並べたように見えることから。

煙突の日

「1111」が煙突が4本立っているように見えることから。

チンアナゴの日

巣穴から頭部を出している様子が「1111」に見えることから。

まあいろんな行事があるんですね(笑)

スポンサーリンク

きりたんぽの日のイベントって?

鹿角では毎年のきりたんぽの日に、イメージキャラクターであるたんぽ小町ちゃんお誕生日会を開催しています。

きりたんぽ鍋が振る舞われたり、たんぽ小町ちゃんによる踊りの披露や商品をかけたジャンケン大会も行われます。

地元の子供たちからたんぽ小町ちゃんにケーキが贈られるなど、可愛らしい企画もあるんですよ。

さらに大規模なものになると大館市で開催される“本場大館きりたんぽまつり
というイベントもあります。

たくさんのお店が出店して本場のきりたんぽを食べ歩きできたり、きりたんぽの手作り体験ができるブースを用意。

またすべり台やレールバイクが設置されるなど、アミューズメントパークとしても楽しめるんですよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です