どんど焼きin神奈川2019!どんど焼きとは?オススメの神奈川で開催されるどんど焼きスポット紹介!

1月イベント・祭り イベント・祭り 関東地方のイベント・祭り

お正月が終わると「どんど焼き」が行われます。

どんど焼とは、お正月にお迎えした歳神様を、お正月飾りなどを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるんです。

全国で行われる行事ですが、地域によっては、「かんじょ」「さぎっちょ」「とうどうさん」「おんべ」「左義長(さぎちょう)」などとも呼ばれます。

今回は、神奈川近郊で「どんど焼き」をする神社をご紹介します。

スポンサーリンク

どんど焼きとは

「どんど焼き」は、お正月飾りやしめなわ、鏡餅、書初めなどを家から持ち寄り、一か所に積み上げて燃やします。

火がどんどん燃えることから、「どんど焼き」という名前が付いたとも言われています。

お正月にお迎えした歳神様を、お正月飾りなどを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるんです

神社等にやぐらが用意されていて、そこに積み上げて燃やし大きな炎となります。
そして、その火で餅や団子を焼いて食べるとその1年無病息災になると言われています。

地域によって呼び方が違い、「とんど」「左義長」「鬼火炊き」などたくさんの呼び名があります。

ただ、神社や地域によってダメなものもあるので、確認してみてくださいね!
神社や地域の行事として、日本全国で行われています。

昔は1月15日に行われていましたが、成人の日が1月の第二月曜日に変更になったことから、1月の第二日曜日などに行われることが多くなってきました。

意味や由来

正月に家に迎えた年神様が浄化の炎や煙と一緒に天に昇り、それを見送るという意味があります。

ただ、江戸時代の文献によると、小正月にやる火の行事として正式名称は「左義長」だったようです。

どんど焼きは「方言」とされています。

しかし現在は、

日本全国ほとんどが、どんど焼き
京都・北陸が左義長
九州は鬼火焚き

のようです。

今では、左義長のほうが方言ですね。

じゃあ、左義長ってなに??ってなりますよね。

左義長の始まりは平安時代とされています。

正月遊びの道具として使われた、毬杖(ぎっちょう)という木の枝を削って作ったゴルフクラブのようなものを3本束ねて燃やしたことから始まったとされています。

語源から左義長は主に子供が主体となった行事が多く、お焚き上げは神社やお寺で行われ、どんと焼きは縁起物と一緒に竹を燃やすと「ドンッ」と爆発音がすることからきているそうです。

呼び名や細かいしきたりなどは違いますが、正月飾りや古い縁起物を供養したり、歳神様や田の神様を見送る意味があります。

また、燃え残りや煙には神様が宿るので、書き初めを焼いて高く舞い上がると上達する、餅や団子を焼いて食べると1年風邪をひかない、灰を家の周りに撒くと厄除けになるといったご利益があるとされています

 

スポンサーリンク

神奈川で開催されるどんど焼きおすすめスポット2選!

その1:大磯の左義長

神奈川県大磯町の左義長は国指定の重要無形民俗文化財で、セエノカミサン(道祖神)の火祭りとして、毎年1月14日近辺に大磯北浜海岸で行われています。

松の内(1月7日)が過ぎると子どもたちは正月のお飾りを集めて歩き回り、青年たちはセエトの材料となる松や竹を調達します。

次いで、町内各所に大竹やおんべ竹を立て、町内境に道切りのシメを張るほか、セエノカミサンのお仮屋を作り子どもたちが籠る。

祭り当日、町内各所のおんべ竹やお仮屋などが片付けられ、集められたお飾りや縁起物は浜辺に運ばれ、9つの大きな円錐型のサイトが作られる。

日が暮れるとセエノカミサンの宮元や宮世話人が、その年の恵方に火をつける。

この火で団子を焼いて食べると風邪をひかない、燃やした書き初めが高く舞い上がると腕が上がる、松の燃えさしを持ち帰って屋根に載せておくと火災除けのまじないになる、などともいわれています。

大磯の左義長2019!どんなお祭り?どんと焼きとの違いは?見どころや混雑予想は?

日程 2019年1月13日(日)

点火時間は18:30頃

住所 大磯北浜海岸:〒255-0003 神奈川県中郡大磯町大磯1990
アクセス JR大磯駅 徒歩10分
お問い合わせ 電話:0463-61-4100

FAX:0463-61-1991

 

その2:金沢 海の公園

昔、郷土の小正月の行事として村境などで行われていた“どんど焼き”。
横浜金沢観光協会の冬のイベントとして毎年1月15日に近い土曜日に海の公園で開催されています。

火入れとともに一気に燃え上がる7mの斎灯(さいと)は迫力満点。
火入れまでの時間、子供向けのゲームや模擬店なども楽しみの一つ。

“どんとの火にあたればその年を元気で無事で過ごせる”との言い伝えがあります。
また、どんとの火で焼いた団子を食べると虫歯にならないそうです。

日程 2019年1月12日(土)
住所 海の公園:

神奈川県横浜市金沢区海の公園10番

アクセス シーサイドライン「海の公園南口駅」「海の公園柴口駅」
又は「八景島駅」より徒歩2分
駐車場 海の公園には駐車場があり、臨時駐車場まで含めると1,500台以上が駐車できます。
お問い合わせ 横浜金沢観光協会 045-780-3431

(引用:横浜金沢観光協会)

スポンサーリンク

どんど焼きに行けない場合はどうすればいいの?

どんど焼きは日にちが決まっているので、行けない場合や忘れてしまう場合もありますよね。

そんなときは、次の2つの方法があります。

その1:近くの神社やお寺に持ち込む

大きな神社ではボックスやスペースを設けて1年中受け付けているケースもあります。
納め所の前に賽銭箱があるので、お焚き上げ料を添えます。
お焚き上げ料は気持ちの問題ですが、しめ縄の代金程度の額と考えるのが良いでしょう。
正月飾りもOKなところもあるので事前に確認して行きましょう。

規模の小さい神社などは受付しないところもあるので、いくつかの神社に問い合わせたほうが良いでしょう。上の場合と同じように気持ち程度のお焚き上げ料を添えます。無人の小さい神社などは古札納め所が設置されてない場合もあります。

 

その2

自宅でお清めして処分する

 

神社に返納しなくても自宅で処分することも可能です。
自宅で処分する際はしっかりとお清めしましょう。

また、可燃物と不燃物に分けてごみ収集に出しましょう。

お清め方法
1、新聞紙の上にお清めしたい物を乗せます。
2、その上からお塩を「左、右、左」の順で3回振りかけます。
3、新聞紙でしっかり包みます。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

どんどん規制が厳しくなっており、どんど焼きを行わなくなった神社もあるようで残念ですが、これからも続けていって欲しいですね。

使い終わった正月飾りなどは、どんど焼きに持っていって燃やして、1年間の無病息災を願いましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です