11月イベント・祭り, イベント・祭り, 中国地方のイベント・祭り

【ご利益が半端ない!】出雲大社神在祭2018、日程・期間・見どころ・ご利益のまとめ

旧暦の10月は、「神無月」ですよね!

全国の八百万の神々が出雲の国に集まり、留守になることからといわれます。

そして神々が集う出雲地方では「神在月」とよばれます。

 

この記事ではどこよりも詳しく、日程、見どころ、駐車場、交通情報、宿泊情報をまとめています。

スポンサーリンク

出雲大社神在祭2018とは?

出雲大社とは?

Taichi Miuraさん(@0803boiling)がシェアした投稿

古代より杵築大社(きずきたいしゃ、きずきのおおやしろ)と呼ばれていたが、1871年(明治4年)に出雲大社と改称した。

正式名称は出雲大社サイトには「いづもおおやしろ[1]、出雲大社東京分祠サイトには「いずもおおやしろ」とある[2](前者は新旧仮名遣いが混在、後者は新仮名遣い)。

一般的には「いづもたいしゃ」と読まれ[1]、複数の辞書・事典でも読みがなは「いずもたいしゃ」となっている[3]

 

二拝四拍手一拝の作法で拝礼する[4]

明治維新に伴う近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。

創建以来、天照大神の子の天穂日命を祖とする出雲国造家が祭祀を担ってきた。

現在の宮司は84代国造千家尊祐で、國學院大學を卒業後太宰府天満宮を経て出雲大社禰宜→権宮司と昇格すると、2002年平成14年)宮司に就任し翌年神社本庁より神職身分特級を拝受している。

また、宮司の正服の紋様は神社本庁の定める黒綾文輪なし裏同色平絹ではなく黒綾にご神紋である二重亀甲剣花角の文様を練り込んだものであり他に類を見ない。

現在も、皇室の者といえども本殿内までは入れないしきたりを守り続けている。約60年に一度行われている本殿の建て替えに際して、神体が仮殿に遷御された後に、本殿の内部及び大屋根が公開されることがある。

(引用元:wikipedia

 

神在祭とは?

World Galaxy / Yoshikoさん(@yoshikonyc)がシェアした投稿

神々が滞在される十九社でも連日お祭りが行われます。

大国主大神さまと八百万の神さまのための「神在祭」が執り行われます。

 

正式な参列は招待状が来た方のみですが、一般の方もお祭りを見守ることはできます。

この期間中は神様に静かな環境で神議りをしてもらうため、また粗相のないようにひたすら静寂を保つこととされています。

そのため鳴り物を鳴らしたり、家を建てるなど音を出すことは禁止されています。

スポンサーリンク

出雲大社神在祭2018の日程・時間・場所

期間:2018年11月17日〜24日

神迎祭(神楽殿)

2018年11月17日(土)19時

神在祭 (御本殿)

2018年11月18日(日)9時 ~

龍蛇神講大祭(神楽殿)

2018年11月18日(日)11時~

神在祭・縁結大祭 1日目(御本殿)

2018年11月22日(木)10時~

神在祭・縁結大祭 2日目(御本殿)

2018年11月24日(土)10時~

神等去出祭(仮拝殿)

2018年11月24日(土)16時~

出雲大社神在祭2018の見どころ

そんなご利益があるの?

一番のご利益は、、、縁結びです!

出雲大社の主祭神である「大国主大神」様は多くの女神と結婚し、たくさんの子供をもうけた事でとても有名な神様です。

そのため縁結びのご利益の力が強いといわれています。

「縁結び」のご利益ときくと、恋愛運の向上が頭に浮かびますが、出雲大社が結ぶのは人と人との縁です。

恋愛運だけではなく、仕事運にも効き、他にもたくさんのご利益があります。

 

参拝方法ってどうやるの?

鳥居をくぐり、参道に入ります。
その時大切なのが、必ず端を歩くことが重要です。

参道の真ん中は神様の道なので、左右どちらかを歩くようにしましょう。

その後「祓社」を訪れ、心身の汚れを祓います。
より良いご利益を得るために、手水舎でお清めをします。

手順
1.ご神前にまっすぐに立つ
2.お賽銭を賽銭箱にそっとお供えする
3.礼を2回する
4.右手を少し下にして4回拍手する
5.一礼する

 

これが参拝する際の一通りの流れになります!

スポンサーリンク

参拝できる時間

yudai nagaiさん(@ud_1230)がシェアした投稿

11月~2月は午前6時30分~午後8時です。

御守授与所で御神札などの御守、縁起物を受けられます。

神在祭の期間の土日祝日は混雑しますので、朝の時間の参拝をおすすめします。

 

アクセス

会場:出雲大社

〒699-0701
島根県出雲市大社町杵築東195

 

 

混雑状況

神在月の神在祭の日程の間は、出雲大社付近で通常よりも混雑します。

とくに、神迎神事の日をはじめ、神在祭縁結び大祭などが混雑します。ほとんど車が進まないということも、ザラですので交通機関でのアクセスをおすすめします。

スポンサーリンク

周辺のおすすめ宿

星野リゾート 界 出雲

予約サイトはこちら

YOKOさん(@mademoiselleyoko)がシェアした投稿

住所 島根県松江市玉湯町玉造1237
アクセス JR玉造温泉駅より車で約5分。山陰自動車道玉造ICより車で10分。

大阪:
車以外/(新幹線)新大阪~岡山43分(特急)岡山~玉造温泉約2時間40分
車/中国道「落合」米子道「米子」を経由、山陰道「松江玉造IC」へ ~松江玉造IC~国道9号線を出雲方面へ10分 玉湯町交差点を左折して直進
広島:
車以外/山陽新幹線岡山駅乗換伯備線で米子、出雲方面へ玉造温泉駅下車
車/中国道「落合」米子道「米子」を経由、山陰道「松江玉造IC」へ~松江玉造IC~国道9号線を出雲方面へ10分 玉湯町交差点を左折して直進
パーキング 有り(無料)
※ 車 ⁄ 冬期は積雪や道路凍結の恐れがございますので、スタッドレスタイヤもしくはチェーンの装着をおすすめしております。特に米子以東・以南の中国地方、また関西・四国地方からお越しのお客様は、米子自動車道走行の際に冬用タイヤ規制がかかる場合があります。

 

大島屋旅館

予約サイトはこちら

矢野さやかさん(@saka_smile_270)がシェアした投稿

住所 島根県出雲市大社町杵築東722
アクセス JR出雲市駅よりバスで20分、神社正門前下車徒歩3分。

大阪:
車以外/JR出雲市駅下車、タクシー15分。
車/中国自動車道~山陰自動車道で出雲方面へ~斐川IC~斐川ICから出雲大社方面へ25分。
東京:
車以外/羽田から出雲空港、連絡バスで出雲市駅へ。タクシー20分。
車/中国道から米子道、山陰道を出雲方面へ40分。~斐川IC~平田方面より、出雲大社方面へ20分、出雲大社参道左折
パーキング 有り(無料)
スポンサーリンク

まとめ

日本有数の神社である出雲大社です。

出会いの神社でも有名なので、恋愛や仕事が思うようにいかない人は、

この期に訪ねてみてはいかがでしょうか!?

 

周辺の旅館も風情ある素晴らしい旅館が多いので観光にも最適ですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です