Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スプーン1杯のハチミツで痩せる?驚きの超簡単ダイエットを紹介!

寝る前に大さじ1杯のはちみつを食べるだけでやせるという超お手軽ダイエット法が存在するのをご存知でしょうか?

食生活も運動量も変えずに痩せるダイエットがあれば、リバウンドの心配は少なくなります。しかしそんな理想的なダイエットなんて存在するのでしょうか。

ダイエットでリバウンドをしたくない人におすすめなのが、寝る1時間前にはちみつを食べるダイエットです。はちみつダイエットは、食事制限や運動と違い、成長ホルモンによって脂肪を燃焼させるダイエット方法です。

本当にはちみつを食べるだけで痩せるの?と疑う気持ちのある方もこの記事を読めば疑問が解決されるはずです。

今後のダイエットの参考にして見てくださいね。

 

スポンサーリンク

寝る1時間前にはちみつを摂る

成長ホルモンが多く分泌する時間に合わせるために、寝る1時間前にはちみつを摂りましょう。

量は大さじ1杯程度。そのまま舐めても良いですし、お湯に溶かして飲んでも良いです。

天然はちみつにする

販売されているはちみつの中には、人工甘味料や糖分が含んだ『加糖はちみつ』や、製造過程で加熱され栄養価が失われているものもあります。できるだけ天然はちみつを使用しましょう。

糖質ならはちみつ以外でも良いと思われる人もいるかもしれません。

はちみつは、甘味料の中でも短時間で効率よく脳のエネルギーになること、ビタミンB群など脂肪燃焼に必要な栄養が含まれています。

その中でも天然はちみつは、栄養価が高いので、このダイエット法に適しています。

スポンサーリンク

十分な睡眠時間の確保

22時から2時までの間は、成長ホルモンが多く分泌される時間(ゴールデンタイム)と言われています。寝る前はちみつダイエットをするなら、夜更かしはしないようにしましょう。

カフェインは避ける

カフェインは、覚醒作用があり、睡眠を妨げてしまいます。その効果は、4~6時間持続されると言われています。夜は、カフェインの多いものは避けましょう。

就寝3時間前に食事を済ます

胃の中に食べたものが残っていると睡眠の妨げになってしまいます。寝る3時間前に食事を済ませることが理想です。

3時間前に済ませることが難しい人は、消化の良いものや量を調整しましょう。

 

寝る前は、静かな環境で過ごす

寝る1時間前には、テレビやパソコン、スマホの操作をやめて、部屋の明かりをやや暗くして静かに過ごすことで、深い睡眠が得られやすくなる。

また、パソコンやスマートフォンのブルーライトは、脳を刺激して成長ホルモンの分泌を減少させるためできるだけ控えるようにしましょう。

また睡眠の効率を上げるためにお風呂に入るのもおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です