11月イベント・祭り, イベント・祭り

11月10日はエレベーターの日!由来・歴史とは?気になる日本初のエレベーターは?

皆さんはエレベーターに記念日があるのはご存知でしょうか?

11月10日はエレベーターの日です。

なで11月10日がエレベーターの日なのでしょうか。

その由来やエレベーターにまつわる豆知識やエレベーターでのトラブル発生時の対処を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

エレベーターの日の由来とは?

エレベーターの日1890年11月10日、東京 浅草の12階建ての展望塔「凌雲閣」(りょううんかく)に日本初めて電動式エレベーターが設置されたことにちなんで、1979年、日本エレベーター協会によって制定されました。

日本で初めての電動エレベーター「凌雲閣」とは?

日本で初めて電動エレベーターが設置されたのは、1890年(明治23年)の11月10日に東京の浅草の凌雲閣(りょううんかく)に設置されたエレベーターです。

凌雲閣(りょううんかく)とは?

凌雲閣(りょううんかく)は、文明開化の明治維新後、当時ではめずらしい高層建築物として12階建て、高さ66mの建物の高層ビルです。

下の10階は赤レンガ造りで、その上に2階分が木造で造られていました。2階から8階までは世界各国の品を売るお店が入っており、9階は上等休憩室として、骨董や近代の美術品が並べられていました。

そして10階が関東一円を見渡せる展望室になっており、11階は照明用のアーク灯があり、12階の最上階からは、30倍の倍率がある望遠鏡がありました。

拝観料は、大人が8銭、子供が4銭で、望遠鏡の使用量は1回1銭でした。

凌雲閣のエレベーターは?

凌雲閣のエレベーターは、1階から8階をつなぐのに使われており、定員20名で、当時は、「昇降機」と呼ばれていました。

今とは違い、エレベーター内には、座布団を敷いたイスがあり、座って、外を眺めることができたようです。

凌雲閣のエレベーターは7ヶ月で撤去

このように凌雲閣は、展望が楽しめる名所として人気がありました。

しかし、このエレベーターは、「無理に設置した」、「落下防止装置が不十分」ということで、警視庁が危険があるとみなし、約7ヶ月で撤去されてしまいました。

エレベーターの歴史とは?

エレベーターの歴史を考えると、人の力で動くエレベーターの原型は、紀元前200年頃から使われていたようです。

世界初のエレベーターは?

世界初と言われているエレベーターは、紀元前200年頃に、アルキメデスによって開発された人力による巻き上げ式のエレベーターです。

ローマの暴君ネロのエレベーター

ローマ時代には、暴君として知られているネロが、ロープを奴隷に引っ張らせ、滑車を使って箱を持ち上げるエレベーターが使われていました。

ナポレオンのエレベーター

ナポレオンもエレベーターを作っています。ナポレオンのエレベーターは、王妃が長いスカートの裾(すそ)を引きずって、階段を歩きにくそうに上がっているのを見て、椅子型のエレベーターを作ったと言われています。

日本の江戸時代のエレベーター

日本では、幕末にエレベーターが作られていたようです。幕末の水戸藩主の徳川斉昭ら(とくがわ なりあきら)によって、図書館のような好文亭という建物の中で、本の運搬用のリフトのようなエレベーターが作られていたようです。

水力、蒸気機関のエレベーター

それが、19世紀になると蒸気機関や水力を使ったモノが開発されました。また、1853年には、エリシヤ・オーディスという人によって、エレベーターのワイヤーが切れた場合の安全装置がついた蒸気動力を使ったエレベーターが発明され、ニューヨークの万国博覧会で実演公開されました。

電動エレベーターで一般に普及された

1880年にドイツのマンハイム博覧会では、はじめて電動式エレベーターが発表されました。この電動式エレベーターの開発により、高層階でもラクに上がれるエレベーターが一般的に普及しました。

日本初の電動エレベーター

日本で初めて電動エレベーターが設置されたのは、先ほど紹介したた凌雲閣(りょううんかく)です。

スポンサーリンク

エレベーターの日のイベントとは?

エレベーターの日を作ったのは「日本エレベーター協会」です。

日本エレベーター協会は、毎年、エレベーターを安全に正しく利用してもらうために

  • ポスターの設置
  • 全国の駅構内でのイベント
  • 大型店舗でのイベント
  • 学校などでのイベント

といった活動を行っています。

 

安全キャンペーンで、アンケートに答えて図書カードをゲット!

毎年、行っているのかは分かりませんが、11月初旬から翌年の1月中旬まで、エレベーター協会のホームページでは、安全な利用に関してのアンケートを行っています。

アンケートに答える事で、1000円分の図書カードが、抽選で100名ですが、もらえるというキャンペーンを行っていた年もありました。

抽選で100名様に1000円分の図書カードが当たるというのは競争率は激しそうですが、アンケートに答えないと当たることはありませんので、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

エレベーターのあれが知りたい!豆知識コーナー

ロープが切れる可能性は?ロープが切れたらどうなる?

エレベーターの種類は、ロープ式油圧式リニアモーター式水圧式の4つあるのですが、

現在設置されているエレベーターは、ほとんどがロープ式です。

エレベーターに乗る度に思うのですが、仮に、ロープが切れるような事態になったら、私たちが乗っているかごどうなるのでしょう

結論からいうと、仮にロープが1本だけ残った状態になったとしても、

満員の状態のかご支えるだけの強さがあるので落ちることはまずないのです。

ロープ1本で支えられるってすごいですね(笑)

スポンサーリンク

地震が来たときの対処法は?

最近は、大地震が世界中のあちこちで発生し、いつ遭遇するかわからない時代です。

問題なのは、エレベーターに乗っている最中に地震に遭遇した場合ですね。

いざという時慌てず行動できるように予習しておきましょう!

エレベーターには、揺れセンサーで感知し、自動的に一番近い階で止まり、ドアを開く機能(地震管制運転装置)というものが付いているものもあるのですが、

その機能が義務化されたのは、2009年9月以降です。

そのため、それ以前に設置されたものは地震時も動き続け、大きな揺れにより電気ケーブルやレールが損傷し、止まってしまう可能性があります

ここでは、地震管制運転装置が付いていないエレベーターの場合対処法についてご紹介します。

その①
すべての階のボタンを押し、一番近い階に止まったら、至急降りてください。

何の反応もない場合は、非常ボタンを押し続けて、非常電話助けを求めます。

 

その②
床に座り体力を極力使わないように努め、壁をたたいたりして、助けを呼んでください。

エレベーター内には、換気用の吹き出し穴が空いており、窒息することはないので、落ち着いて助けが来るのを待ちましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です