Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どんど焼き【どんと祭り】の由来や意味!いつ行うの?燃やしていいものは?

お正月が終わると「どんど焼き」が行われます。

どんど焼とは、お正月にお迎えした歳神様を、お正月飾りなどを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるんです。

今回はそんなどんど焼きについてご紹介します。

スポンサーリンク

どんど焼きとは

「どんど焼き」は、お正月飾りやしめなわ、鏡餅、書初めなどを家から持ち寄り、一か所に積み上げて燃やします。

火がどんどん燃えることから、「どんど焼き」という名前が付いたとも言われています。

お正月にお迎えした歳神様を、お正月飾りなどを焼くことによって、炎とともに見送る意味があるんです

神社等にやぐらが用意されていて、そこに積み上げて燃やし大きな炎となります。
そして、その火で餅や団子を焼いて食べるとその1年無病息災になると言われています。

地域によって呼び方が違い、「とんど」「左義長」「鬼火炊き」などたくさんの呼び名があります。

ただ、神社や地域によってダメなものもあるので、確認してみてくださいね!
神社や地域の行事として、日本全国で行われています。

昔は1月15日に行われていましたが、成人の日が1月の第二月曜日に変更になったことから、1月の第二日曜日などに行われることが多くなってきました。

意味や由来

正月に家に迎えた年神様が浄化の炎や煙と一緒に天に昇り、それを見送るという意味があります。

ただ、江戸時代の文献によると、小正月にやる火の行事として正式名称は「左義長」だったようです。

どんど焼きは「方言」とされています。

しかし現在は、

日本全国ほとんどが、どんど焼き
京都・北陸が左義長
九州は鬼火焚き

のようです。

今では、左義長のほうが方言ですね。

じゃあ、左義長ってなに??ってなりますよね。

左義長の始まりは平安時代とされています。

正月遊びの道具として使われた、毬杖(ぎっちょう)という木の枝を削って作ったゴルフクラブのようなものを3本束ねて燃やしたことから始まったとされています。

語源から左義長は主に子供が主体となった行事が多く、お焚き上げは神社やお寺で行われ、どんと焼きは縁起物と一緒に竹を燃やすと「ドンッ」と爆発音がすることからきているそうです。

呼び名や細かいしきたりなどは違いますが、正月飾りや古い縁起物を供養したり、歳神様や田の神様を見送る意味があります。

また、燃え残りや煙には神様が宿るので、書き初めを焼いて高く舞い上がると上達する、餅や団子を焼いて食べると1年風邪をひかない、灰を家の周りに撒くと厄除けになるといったご利益があるとされています

 

スポンサーリンク

 

どんど焼きはいつ行われるの?

どんど焼きは小正月の行事のため、1月15日前後の土日に行われることが多いです。

小正月(こしょうがつ)とは、正月15日の行事です。

または、14日から16日までの3日間、または、14日の日没から15日の日没まで、または、望(満月)の日、または、元日から15日までの15日間ともされます。

 

どんど焼きで焼くもの・焼けないものってなに?

 

出典:wakulife

 

どんど焼きに何を持って行っていいのか迷いますよね。
ここでは焼けるものと焼けないものについてまとめてみました。

焼けるもの

  • 松飾り
  • しめ縄
  • 書き初め
  • お守り
  • みかん
  • 鏡餅
  • お札

※お守りやお札は返納場所がある所はそこに出してください。神社によってはどんど焼きで燃やすのがNGのところもあります。

焼けないもの

  • 人形
  • 年賀状
  • 写真
  • だるま
  • プラスチック類
  • ぽち袋

焼けないものはズバリ、神様に関係ないものと、有害物質が含まれるものとされます。

焼くものなどは地域性が強く、地域や神社ごとに焼けるものにばらつきがあります。

例えば、だるまはどんど焼きを行う地域の考え方により異なります。
・だるまは縁起物なので燃やしてもよい
・だるまを燃やすと目が潰れるから燃やしてはいけない

このように全く異なる考え方なので、必ず確認が必要です。

とりあえず、「これは焼いていいのか、ダメなの?」と悩む方は事前に問い合わせて確認することをオススメします。

スポンサーリンク

どんど焼きに行けない場合はどうすればいいの?

どんど焼きは日にちが決まっているので、行けない場合や忘れてしまう場合もありますよね。

そんなときは、次の2つの方法があります。

その1:近くの神社やお寺に持ち込む

大きな神社ではボックスやスペースを設けて1年中受け付けているケースもあります。
納め所の前に賽銭箱があるので、お焚き上げ料を添えます。
お焚き上げ料は気持ちの問題ですが、しめ縄の代金程度の額と考えるのが良いでしょう。
正月飾りもOKなところもあるので事前に確認して行きましょう。

規模の小さい神社などは受付しないところもあるので、いくつかの神社に問い合わせたほうが良いでしょう。上の場合と同じように気持ち程度のお焚き上げ料を添えます。無人の小さい神社などは古札納め所が設置されてない場合もあります。

 

その2

自宅でお清めして処分する

神社に返納しなくても自宅で処分することも可能です。
自宅で処分する際はしっかりとお清めしましょう。

また、可燃物と不燃物に分けてごみ収集に出しましょう。

お清め方法
1、新聞紙の上にお清めしたい物を乗せます。
2、その上からお塩を「左、右、左」の順で3回振りかけます。
3、新聞紙でしっかり包みます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

神社によってはどんど焼きで、焼いていいものと、いけないものが異なるので、しっかりチェックしてからいきましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です