Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

田中啓太郎:大麻DJ逮捕 勤務先のHPアリ! 客に大麻を販売

またもや薬物に関する事件です!

東京・池袋のクラブ店長でDJの男が、大麻を隠し持っていたとして逮捕されました。

DJは大麻をどのように手に入れたのでしょうか?

事件について見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

東京・池袋のクラブ店長でDJの男が、大麻を隠し持っていたとして逮捕された。男はクラブの客に大麻を売っていたとみられている。

 

逮捕されたのは、池袋にあるクラブの店長でDJの田中啓太郎容疑者。

 

警視庁によると、田中容疑者は22日、自宅で大麻およそ540グラム、末端価格で320万円相当を営利目的で所持していた疑いが持たれている。

 

田中容疑者は、大麻を音響機器の中に隠して自分の店に運び、客に大麻を売ると別室に案内し、部屋の中だけで使用するよう求めていたという。

 

調べに対し、営利目的での所持については認否を留保しているという。

NNN

クラブというのは犯罪も起きやすいところのため、大麻が流通しやすいのでしょうか。

しかし、部屋の中だけで使用するように言っていたようですが、どのように今回のことが明らかになったのでしょうか?

やはり客からの垂れ込み情報でしょうか?

大麻を所持し販売していたDJはどんな人物だったのでしょうか?

容疑者のプロフィール

名前:田中啓太郎

年齢:42歳

職業:東京・池袋のクラブ店長でDJ

住所:東京都板橋区上十条

問題となったクラブのホームページはこちらです

ホームページ:https://www.ikebukurobed.com/

スポンサーリンク

犯行現場

問題となっているクラブの場所はこちらです。

東京の池袋なので、多くの人が行き交うので、他にも多くの人に売っていると考えられます。

犯行手口は?

 

気になる販売手口ですが、まず田中容疑者は、大麻を音響機器の中に隠して自分の店に運び、客に大麻を売ると別室に案内し、部屋の中だけで使用するよう求めていたとされます。

このことから計画的な営利目的の犯行だったことがわかりますね。

大麻は所持しているだけで犯罪ですが、それを販売するというのはより罪が重いものです。

それほどお金が欲しかったのでしょうか。

しかし、大麻を仕入れるのにも仕入先も必要ですし、資金も必要なので、他に犯行を手伝う仲間がいたのかもしれませんね。

ネットの声

 

個室大麻?
あり得ない(Yahoo!ニュース

 

あー、また、クラブとダンスとDJとかヒップホップまで風評被害(Yahoo!ニュース

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です