Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

痩せ体質になりたい!誰でも気軽にできる「習慣」が超お手軽!

何歳になっても痩せたい、綺麗になりたいという思いを持っているでしょう。

しかしなかなか痩せるということは簡単ではありません。

無理なダイエットをすることで健康を害したり、ストレスが溜まってしまい、よくありません。

そこで今回は無理なく日々の生活で取り入れやすいダイエットの習慣をご紹介します。

スポンサーリンク

「とにかくこまめに動く」、「階段を使う」

運動が好きな方であれば「ジムに通う」「ジョギングをする」というのもいいかもしれませんが、時間が取れなかったり、運動が苦手という方もいると思います。

運動系のダイエットは効果はありますが、なかなか継続するのが難しいですよね。

でも、運動量を増やすということは、美しく痩せ、太りにくい体質を目指す上では無視できません。

そこで、取り入れていただきたいのが、日常生活の中でこまめに動くこと。

たとえば、駅でエスカレーターと階段を見たら階段を使う。

食材の買い出しでは、大型スーパーへ行って隅々まで歩き回る。

ウィンドウショッピングでたくさん歩いて楽しむ。

このように「このくらいなら、できなくもない」と思える範囲で、少しずつ運動量を増やすように意識しました。

ハードルを低く設定することで、達成感が得られやすいというのがポイントです。

むしろ毎日の積み重ねでできた運動習慣は、リバウンドしにくい最高のダイエット!日々の積み重ねで、痩せ習慣をつくって行きましょう。

スポンサーリンク

「ながら食べをしない」

現代はスマホが普及し、スマホを見たり動画やテレビを見ながら食事を摂る方も多いのではないでしょうか。

しかしそのながら食べが太る近道なのは知ってましたか?

 

なぜながら食べをしてしまうと太ってしまうのか、その原因を紹介します。

1.食事に集中できず、満腹感を得にくい 

食事意外のことに夢中になっていると、どれくらいの量を食べたか把握できず、それにより満腹感も感じにくくなり…結果、ついつい食べる量が増え、太りやすくなります。 

2.噛む回数が減ってしまう 

“ながら食べ”では、噛む回数が減る、ということもわかっています。噛む回数が減ると、味覚に対する刺激や食事の満足度も低下します。 

3.食事のペースが上がる 

食事のペースが上がると、満腹中枢へ届く刺激が遅くなり、満腹感を得にくくなります。

 

このような理由からも食事中は会話を楽しんだり食事を楽しむためにもご飯を食べることに集中し、スマホとかは一旦置いておきましょう。

スポンサーリンク

「意識して水を飲む」

水を飲むことで痩せることができるのは、水を飲むことで老廃物を体の外に出すという、体の基礎代謝が上がる仕組みがあるからです。

老廃物とは代謝によって生じた体にとって不要な物質です。

これらの老廃物の多くは尿や便、汗、呼気、垢などとともに体外へ出されます。

しかし、この老廃物を体の中に溜めてしまうと、体の機能が正しく働かなくなってしまいます

そうなると、体の様々な機能を動かすことによって生まれる代謝、基礎代謝も下がってしまうのです。

そのため、水分を摂取して老廃物を流すことで、理想のボディに近づくことができます。

 

「ストレッチ」を習慣化する

ストレッチがなぜダイエットに良いのか紹介していきます。

1.可動域が広がり、脂肪の燃焼率がアップ
硬くなりやすい関節や、筋肉の動きをストレッチでほぐすことで、可動域を広げます。動作が大きくなれば基礎代謝もアップし、脂肪を燃焼しやすいボディになります。特に女性ホルモンと深く関わりがあるとされる仙骨(骨盤内)を調整することで、いつまでも美しいボディラインをキープしやすくなります。

2. むくみや冷えが改善され、脂肪がつきにくくなる
ストレッチで血流が促されると、むくみや冷えの改善にもつながります。むくむと冷えやすくなり、冷えていると脂肪がつきやすくなる……。そんな負のスパイラルをストレッチで断ち切りましょう。

3. 成長ホルモンの分泌を促し、太りにくい体に
アンチエイジングに欠かせない成長ホルモンは、夜10時頃から夜中の2時頃、睡眠中に一番多く分泌されると言われています。お休み前にストレッチでコリをほぐすと副交感神経が優位になり、快眠しやすくなります。ぐっすり眠ることで成長ホルモンの分泌が促されると、太りにくい体づくりに役立ちまます。

4. 過食を防ぐ
ダイエットの天敵はストレスと言っても過言ではありません。イライラがたまると、暴飲暴食へ突き進みがち。でも、ストレッチで副交感神経を優位にすることで、「飲んでストレス解消! もう食べちゃう!」といった攻撃的な気持ちが落ち着いてくるはずです。

スポンサーリンク

「しっかり眠る」

睡眠というと体を休めるための行為と思われがちですが、正しく眠るだけでやせることも可能なのだとか。

「睡眠中には、脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌され、しっかり眠ると、1日あたり300kcalの脂肪を消費してくれます。逆に寝不足だと、その量は90kcal程度にダウン。つまり、しっかり眠る人に比べ、寝不足の人は1日あたり210kcal、1か月で6300kcal分もの脂肪が分解されずに蓄積されてしまうのです。

ほかにも、成長ホルモンにはアンチエイジング効果があるので、しっかり眠れば肌の若返りも可能。さらに、睡眠は食欲とも深く関わっているといいます。

睡眠はダイエットにも効果があるので、しっかり質の良い睡眠をとっていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です