10月16日はボスの日!その由来は?何をする日?

10月イベント・祭り イベント・祭り

皆さんはボスの日があることをご存知でしょうか??

この慣習はアメリカで始まり、今では世界の様々な国で行われています。

アメリカではこの日は従業員たちが職場の上司を称え、感謝の気持ちを表すための日です。

最近は日本でも徐々に浸透してきつつあります。

今回はそんなボスの日についてご紹介します。

スポンサーリンク

ボスの日とは

ボスの日は、毎年10月16日です。

しかし、10月16日が週末になってしまう場合は、16日に一番近い就業日になります。

この慣習はアメリカで始まり、今では世界の様々な国で行われています。

アメリカの正式な国民の休日ではありませんが、この日は従業員たちが職場の上司を称え、感謝の気持ちを表すための日です。

すべての職場で必ず行われているわけではありませんが、ボスの日を行う職場では、尊敬と感謝の気持ちをこめて、従業員が上司たちにプレゼントやカード、花、食べ物などを贈ります。

ボスの日は1958年、自分の上司たちに感謝をする機会を設けたいと考えていた、パトリシア・ベイズ・ハロスキーというアメリカ人女性によって作られました。

彼女は雇用者と被雇用者との関係を改善させたかったのです。

また、同時に若い社員たちが自分たちの上司たちの任務や責任を十分に理解し感謝していないのではないかと思っていました。

10月16日が選ばれたのは、その日が彼女がすばらしい上司だと考えていた人物、すなわち彼女の父親の誕生日だったからです。

スポンサーリンク

ボスの日にどんなものをプレゼントしたらよいの?

ボスの日はまだそれほど認知されているわけでありませんが、すでに毎年の恒例行事になっている職場もあるようです。

日ごろお世話になっているボスの為に何かプレゼントをしなきゃ!と思っちゃいますよね。

でもいざとなれば何をプレゼントしていいのかわからないもので、困ってしまいます(焦)

そこで、日本より浸透しているアメリカなど、海外でのボスの日を参考に考えてみましょう。

スポンサーリンク

ボスを食事に招待する

日本ではあまり考えられませんが、海外では、ボスの日によく見られる光景のようです。

部下たちで、お店を決めて、日ごろの感謝の気持ちも込めて、昼食を取りながら、いろいろな会話を楽しむそうです。

日本では数名の部下が上司を飲みに誘うことが多いようです。

スポンサーリンク

プチプレゼント

ボスの日だからといって、大きなものをプレゼントするとなると、もらう側も、渡す側も少し戸惑ってしまします。

そこでおすすめなのが、プチプレゼント

仕事中に使ってもらえそうな文房具(ボールペン)や、デスクに飾ると癒してくれそうな観葉植物や、気分転換に食べれるちょっと高めのお菓子などはいかがでしょうか?

気兼ねなく、使ってもらえるものやお菓子だと受け取る側も渡す側の負担も少なくて済みますね^^

また同僚が多い会社ならみんなで相談して決めるのもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です