徳島の阿波おどりの2018年の日程は? 見どころや 当日参加の方法は?

8月イベント・祭り イベント・祭り 四国地方のイベント・祭り

毎年8月になると、四国・徳島県で開催される阿波踊り。

阿波踊りには毎年120万人以上の観客が訪れ、多くの人を魅了しているお祭りとされています。

見るだけでなく参加することもでき、楽しみどころがたくさんあるお祭りです。

今回は気になる、阿波踊りの日程や見どころをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

徳島の阿波踊りとは

 

Jun Masaokaさん(@sunflowercafe0)がシェアした投稿

徳島=阿波の盆踊り

阿波踊りは踊りの名前でもあり、イベントの名前にもなっています。

徳島の旧名が阿波だったので、徳島で生まれた盆踊りのことを言います。

阿波踊りは、他の盆踊りと違って、輪になって踊るのではなく、列を作って踊りながら更新するスタイルです。

阿波踊りがいつ生まれて徳島で定着したのかは明らかになっていませんが、一説では江戸時代からすでにあったとされているので、伝統が受け継がれた歴史のある踊りです。

 

徳島阿波踊りの日程

日程:8月12日~15日

上記の4日間開催されます。

盆踊りを起源とする踊りなだけに、お盆の時期に合わせての開催になっています。

 

 

 

阿波踊りの見どころ&楽しみ方

男踊りと女踊り

阿波踊りには男踊り女踊りの2種類があります。

男踊り 女踊り
ダイナミックで、時にコミカルな踊りを挟む。

衣装:はっぴ姿やはんてん姿に下駄

 上品に優雅に踊る。

衣装:浴衣に編み笹を被り草履を履く

 

「連」ごとの踊りを見比べる

阿波踊りを踊る集団のことを「連」といい、阿波踊りの期間中はそれぞれの連が踊りを競い合います。

阿波踊りの踊り方も連ごとに違いがあったり、見どころは変わってくるので、ぜひ比較しながら観てみてください。

 

踊りに参加

本格的に踊りたくなったら、当日参加できる「にわか連」に参加する方法もあります。

阿波踊りの祭りの期間中は、以下で受付を行なっています。

・徳島市役所前市民広場

 

・元町おどり広場

 

18時30分と、20時30分の2回受付していますの、時間に遅れないようにしてください。

 

服装は自由ですが18時から先着250人にレンタルではっぴが借りられるので、ぜひ借りて参加してみたいですね。

スポンサーリンク

有料演舞場と無料演舞場

阿波踊りは、徳島駅周辺に設けられた演舞場で見ることができます。

 

しかし、全ての会場が無料で観れる訳ではありません。

 

チケットが必要な有料会場と、無料の会場に分けられます。

 

 

有料演舞場

 

Awaodori Foolsさん(@awaodori.fools)がシェアした投稿

観覧席は指定席と自由席があり、演舞場は4カ所あります。

時間

第1部:午後6時から8時

第2部:午後8時30分から10時30分

※前半・後半入替制2部方式。

 

市役所前演舞場

初日の12日には大規模な開幕式が行われます。徳島市役所前に設置されます。全長110m、駅から徒歩10分。車いす専用の観覧席(有料)があります。
注記:車いす10台分。

 

藍場浜演舞場

新町川沿いの藍場浜公園内に設置されます。JR徳島駅、バスターミナルから最も近く、数多くの露店も出店します。全長122m、駅から徒歩5分。

 

紺屋町演舞場

商店街と歓楽街に隣接された演舞場です。名物「阿波おどりからくり時計」が目印です。全長100m、駅から徒歩15分。

 

南内町演舞場

連日午後10時からの有名連による合同フィナーレでは、本場阿波おどりの醍醐味が満喫できます。全長122m、駅から徒歩12分。

 

無料演舞場

 

D-Photoさん(@diep530)がシェアした投稿


開演は午後6時から10時30分、開場は午後5時45分。

観覧席は3段で自由席。

阿波おどりを間近に見物でき、踊り子と観客の一体感が味わえる演舞場が2カ所あります。

 

両国本町演舞場

両国本町商店街に設置されます。演舞場の全長は170mで6カ所中最も長く、踊り子や見物客が集中します。車イス専用の福祉コーナーがあります。駅から徒歩7分。

 

新町橋演舞場

徳島市内最大の商店街である東新町商店街の入り口近くに設置されます。新町橋は、阿波おどりの囃子「よしこの節」にもうたわれた有名な橋です。全長110m、駅から徒歩5分。

 

スポンサーリンク

阿波踊りのチケットの購入方法

 


有料演舞場のチケットは以下の値段です。

S指定席:2000円

A指定席;1800円

B指定席:1600円

C自由席:900円

 

当日券(それぞれ200円追加)も用意はありますが、人気のためすぐ売り来レテしまうこともあるみたいなので、早めの購入をお勧めします。

 

チケット購入はこちら

 

 

 

 

アクセス

会場:徳島駅南側繁華街

●電車

JR四国徳島駅

●車

徳島自動車道井川池田~徳島、60分

●駐車場

無料駐車場3ヵ所(約2700台)
臨時有料駐車場(約1700台)
市内公営有料駐車場(約2000台)

●周辺の有料駐車場の地図

 

最後に

魅力の溢れる阿波踊りのお祭りになっています。

 

当日参加も可能なので、ぜひ楽しんで来てくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です