Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

セルライトってなに?間違ったケアをすると脂肪が増える?!

ダイエットの大敵『セルライト』

凸凹してみっともないから早く無くさなきゃと思って、潰そうとマッサージしたりしてませんか?

セルライトを無くしたいのは多くの女性が望むことではありますが、間違った方法でマッサージしたり努力しても逆効果だったことご存知ですか?

そんなことで、今回はセルライトについて理解していただいた上で、効果的にセルライトをなくす方法をお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

セルライトってなに?原因や間違った方法は逆効果!

そもそもセルライトの原理、原因をしらなれば正しい対処ができません。

まずはセルライトそのものの意味やセルライトが出来てしまう原因を知っていきましょう。

 

セルライトとは何なの?


セルライトとは、1960年代に美容業界で生まれた造語で、他の箇所の皮下脂肪と

同じく、「大きくなりすぎた皮下脂肪」のことを指します。

 

セルライトがつく原因は?


セルライトがつく原因は様々ですが、主に以下が上がります。

・運動不足、筋肉量が少ない

・基礎代謝が低下している

・高カロリーな食事が多い

・不規則な食生活、生活習慣を送っている。

この中で当てはまっているものはありませんか?

もしあるならすぐに改善していくことをオススメします。

しかもセルライトは、放っておくとどんどん大きく固まるからです。

実は体内にあるコラーゲンは皮下脂肪と合体し、組織化が進むと固くなってしまいます。

そうなると、セルライトは簡単に落ちにくくなりボコボコした感じになって残ってしまいます。

 

凸凹しているのはなぜ?


セルライトと呼ばれる皮膚の凹凸は、脂肪細胞が大きく膨らむことで、皮下組織の一部が引っ張られることからできてしまう状態です。なので、大きくなりすぎた皮下脂肪であるセルライトは、普通の脂肪と同じということです。

太ももやふくらはぎの目に見えるからと言ってマッサージで潰れることはないのです。

 

知ってた?セルライトは潰したら逆効果!!


セルライトは潰せば消える説やテクニックを紹介したりしているところがありますが、強く潰すようなやり方では、新たなセルライトを生み出してしまうので、絶対やめてくださいね。

セルライトができることで、毛細血管やリンパ管を押しつぶして変形させてしまいます。

同時に、皮膚組織や毛細血管も傷つけてしまいます。これを修復しようと体のなかのコラーゲンが働くのですが、排出できなかった老廃物を巻き込むので、脂肪細胞を作ってしまいます。

どんどん脂肪細胞ができるということなので、これだと脂肪が増えちゃいますね。

上記の仕組みと同様、強いマッサージは皮膚の組織や毛細血管を傷付けてしまいます。

そうすると、コラーゲンの再生機能によって新たなセルライトを作ってしまうので、“潰す”というテクニックはセルライト除去には逆効果となってしまいます。

スポンサーリンク

セルライトは強く潰そうとしない!

早くセルライトを無くしたいからと言って、潰そうと間違った方法でケアするのは逆効果です。

セルライトをなくすための効果的な方法、マッサージは下の記事から見ることができるので参考にしてみてくださいね^^

 

セルライト撃退!凸凹をなくすための3つのポイント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です