Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

8時間ダイエットとは?成功のためのルールを知っておこう!

皆さんは8時間ダイエットのことをご存知でしょうか?

 

最近巷で流行っており、一度は耳にしたことがあるかと思います。

 

8時間ダイエットはアメリカ発祥とされ、シンプルで簡単で痩せやすい理にかなっているダイエットとされており、注目されています。

 

しかし、正しい方法を知らないと、思いのほか効果が出ないという落とし穴もあるようです。

 

ポイントを抑えれば長期的に太りずらい体質へ改善できる方法です。

 

正しい方法、痩せない理由を見直しましょう。

スポンサーリンク

1日の中で食べてよい時間は8時間


初めの食事から8時間が食べてよい時間、それ以外の時間は何も食べず胃腸をやすませます。

ただしこの時間以外の16時間は食べ物はNG。飲み物だけOKです。

AM9時~PM5時まで、またはAM11時~PM7時までの8時間は何を食べてもOK!

このように考えるととってもシンプルなダイエットになります。

 

自然と3食のうち1食を食べないことになる

このダイエットは朝食を抜くか夕食を抜くという3食のうち1食を食べないものとなります。

どちらを減らすのかはその人の生活スタイルにもよるでしょう。

もともと朝が弱いという方は朝食を無くしたダイエットになるでしょうし、夕食を食べるのは苦手という方は夕食を削ったダイエットにしてください。

 

もちろん、外せない外食があるという方はそちらの時間を軸に8時間を定める必要があります。このように臨機応変に対応できるのです。

16時間は水分だけで何も食べられない

残りの16時間は固形物は全てNGとなります。

ただし、水分がないと水分不足になりますので水分補給だけは必ず行いましょう。

ただし、糖分の入ったジュースや清涼飲料水といった高カロリー高糖質な飲み物はNGですし、野菜ジュースのような健康的ではありますがカロリーがあるものもNGとなります。

飲んでいいものはノンカロリーのものです。

それらを踏まえると、基本は水かお茶を飲むことになるでしょう。ただし、内臓器官を冷やすと基礎代謝が落ちますので、可能なら暖かいものを用意してください。お湯が苦手という方はお茶のでも大丈夫です。

8時間以内なら何を食べても大丈夫

また、このダイエットの曲者となる部分がこのルールです。

ずばり「8時間以内なら何を食べても大丈夫」という言葉は、魔法の言葉で本当に何でも食べていいと誤解を招きやすいです。

しかしお菓子を大量に食べるとか高糖質のものを大量に食べるというお話になってしまいますが、基本的にダイエットをしたいから実行しているのである程度常識をもって食べ物を選ぶようにしましょう。

あくまで普通の食事を8時間以内で摂取していくということです。

ここがこの8時間ダイエットが失敗してしまう最大の要因ですので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です