Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

辻安治 顔画像・facebook調査 道路横断「危ない」と注意され逆ギレ 傘で顔を突き逮捕!

傘の先端で男性の顔を突いたとして辻安治容疑者が逮捕されました。

横断歩道のない道路を渡ろうとしたところ注意され、逆上し、傘の先端で男の人の上唇を突いたそうです。

 

なぜそのような行為に至ったのでしょうか?

容疑者や事件の詳細を見ていきましょう。

 

事件の概要

傘の先端で男性の顔を突いたとして、新潟県警新潟署は28日、暴行の疑いで、千葉県柏市柏の会社員、辻安治容疑者(60)を現行犯逮捕した。「身に覚えがない」と容疑を否認しているという。

 

逮捕容疑は27日午後11時半ごろ、新潟市中央区で横断歩道のない道路を渡ろうとしたところ、乗用車を運転していた市内の30代男性に「危ない」と注意されたことからトラブルになり、持っていた折りたたみ傘の先端で男性の上唇を突いたとしている。

 

同署によると、辻容疑者は出張で新潟に来ており、当時は酒を飲んだ後だったという。

 

横断歩道でない道路を無理やり横断することはとても危険ですね。
そのように行動していることで、もしかしたら車に引かれる可能性もありますし。
危ないと注意されて、傘で突くという行為は相手の善意や注意を無視したことになりますし、何と言っても危険ですね。
当時は酒を飲んだ後だったということもありますが、酒に酔っているからこそ歩行も気をつけないといけないのに、逆ギレなので、とても残念な事件ですね。
スポンサーリンク

辻安治容疑者のプロフィール

名前:辻安治

年齢:60歳

職業:会社員

住所:千葉県柏市

 

顔画像やそれ以外の情報を調査するために、
FacebookやTwitterにてお調べしたところ、
特定することができませんでした。

 

 

事件現場

事件が起きたのは新潟市中央区と報じられています。

スポンサーリンク

ネットの声

キレる老人は増えてますね。

 

 

午後11時半ごろに、お酒を飲んでいて、横断歩道がない道を渡ろうとしていた。危ないなんてものじゃない。何かあれば、自分も運転しているひとも、不幸になる。注意されて当たり前のこと。傘で顔をついたなんて、考えられない。唇の怪我ですんで、まだ良かったのでは。厳しく罰してもらわねば。

 

 

酔って傘で相手突くとか。目に刺さったらと思うと。

 

 

引かれる方は自己責任だが
引いた方はたまったもんじゃない

引いた車に過失がないようにすれば
注意しなくても済むようになるのに

 

 

信号無視したり、横断歩道でない道路を無理やり横断したり、高齢者のマナー悪化が酷過ぎる。

 

こりゃ、出張先の新潟から千葉の会社に戻ったら、
自分の席がないパターンかも知れませんね。

もう少しで定年退職だったかもしれないのに・・・。

下手すりゃ退職金がパーかも(苦笑)

 

 

会社員とあるがどこかの大手の会社のなのだろう。
幹部とかで普段から注意されるようなことがないのかもしれない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です