JR北陸線の線路脇で幼い兄弟二人が死亡・重体。顔や名前は!?

石川県の小松市で幼い兄弟が二人死亡する事故が起きました。

避けられない事故だったのでしょうか?

周りに目撃者はいなかったのでしょうか?

その詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00000024-mai-soci

事件の概要

 

石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近の線路で25日夕、幼い兄弟が死傷した事故で、県警小松署は26日午前、実況見分を行った。兄弟発見の約40分前に通過した特急の車両には血痕のようなものが付着しており、接触したとみて調べている。
 
同署によると、同市松生町、「粟津こども園」園児、山本悠太ちゃん(5)の死因は脳挫傷。兄で市立符津小2年の晃さん(7)は、頭蓋骨(ずがいこつ)骨折などで意識不明の重体のままとなっている。
 
25日午後6時5分ごろ粟津駅を通過した大阪発金沢行き特急「サンダーバード29号」の先頭や最後尾の車両のドライブレコーダーには、接触の前と後とみられる兄弟の様子が記録され、前方車両の側面には血痕のようなものも確認された。
 
現場付近に住む男性(79)によると、同日午後5時ごろ、子供2人が粟津駅のホーム下で遊んでいるのを見たという。「危ないと思ったが、電車の往来が少ないので注意しなかった」と悔やんだ。小松署もこの情報を把握しており、晃さんと悠太ちゃんの足取りについて確認を進めている。

(毎日新聞)

被害者のプロフィール

名前:山本晃
年齢:7歳
住所:不定

名前:山本悠太
年齢:5歳
住所:不定

スポンサーリンク

その他の顔画像やそれ以外の情報を調査するために、
FacebookやTwitterなどのSNSを調べしたのですが、
本人と思われる情報を発見することができませんでした。

事件現場

事件現場は石川県小松市のJR北陸線粟津駅付近と報道されています。

ネットの声

 

 

 

スポンサーリンク

最後に

線路付近にしゃがんでいるからこそ起きた事故。

今後はこのような事故が起きて欲しくないものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です