日本三大祭『天神祭2018』,なんと船渡御に参加しながら花火鑑賞!?

天神祭とは!?

日本三大祭はご存知ですか?

東京「神田祭」

京都「祇園祭」

 

そして、

大阪府「天神祭」です。

 

今回はこの天神祭についてまとめてみました。

この祭りの最大のポイントは「天神祭奉納花火」です。

祭のクライマックスには、約100隻の大船団が繰り出されます。

それらの舟のかがり火と、夜空にあがる花火の織り成す光景が絶景です。

スポンサーリンク

天神祭奉納花火 2018年の日程・時間・概要

 

日程・時間

日程:2018年 7月 25日(水)

打ち上げ時間

19:30頃~21:00頃

場所

大阪市北区、桜之宮公園グランド、川崎公園(造幣局横)

打上玉数

約5,000発
その他 個人で奉納花火を上げることができます。

 

奉納花火大会

奉納花火大会とは、大川に繰り出される100隻の大船団と花火のコラボレーションです。

船のかがり火と花火が上がる様は幻想的な光景で1度は見ておきたい絶景です。

 

穴場スポット

 

①源八橋(最寄駅:JR大阪環状線「桜ノ宮駅」すぐ)

混雑はしていますが、とても見やすいですよ。

 

②都島橋(最寄駅:JR大阪環状線「桜ノ宮駅」)

大阪城がライトアップされて、花火と一緒に楽しむことができます。

インスタ映え間違いなしですね。

 

③桜宮橋付近(最寄駅:JR大阪環状線・東西線「京橋」駅/京阪「京橋」駅)

かなり混雑しますが、桜ノ宮公園(造幣局側)、川崎公園(グランド側)両方の花火を楽しむことができます。

 

スポンサーリンク

有料スポット

【金幣船チャーター運航】

35,000円/人

有料ではありますが、船渡御に参加しているような感覚で、食事をしながら楽しめます。

花火もかなり見えやすく、お金を払ってでもみる価値はありますよ。

 

まとめ

以上が天神祭です。

日本三大祭と言われるだけあってかなり規模の大きい花火大会だと思います。

夏の思い出に船から花火を観ても良いですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です