元スーパーの従業員が750万円を窃盗。その手口は!?現在の職業は年齢は

国内ニュース

鳥取県米子市内で64歳の男性が窃盗の容疑で逮捕されました。

元従業員がなぜ、犯行に及んだのか?

恨みか何かあったのか?

その詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

鳥取県警米子署は27日、鳥取県米子市の自称無職男(64)を建造物侵入、窃盗の両容疑で逮捕した。

「やっていない」と容疑を否認しているという。

発表では、男は25日午後11時20分頃、閉店後の同市東福原のスーパーに忍び込み、事務所にあった金庫の鍵を開け、現金約750万円を盗んだ疑い。男はこのスーパーに以前勤務していたという。

犯行時、スーパーの防犯センサーが作動。警備会社の通報を受け、同署が男の行方を追っていたところ、27日午前10時過ぎ、島根県大田市内の駐車場にいた男を見つけた。

(読売新聞)

容疑者のプロフィール

年齢:64歳
職業:無職
顔画像やそれ以外の情報を調査するために、FacebookやTwitterにてお調べしたのですが、
現時点で詳しい状況や2人の名前が明らかになっていないこともあり、特定することができませんでした。発表され次第追記していきます。

事件現場


スポンサーリンク

ネットの声

 

センサー知らんかったんか?
Yahoo!ニュース

 

最後に

スポンサーリンク

スーパーの防犯センサーが働いたにも関わらず、容疑を否認しています。

防犯カメラがあれば、窃盗の現場が取られているはずです。

それなのに苦しい言い訳をしているのは、自分がしたことが分かっていないのでしょうか。

今後はこのような事件が起きないことを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です