西条まつり2018、日程や時間、場所、見どころ。なんと川の中でお神輿!?150台のお神輿!!

西条まつりは愛媛県西条市の石岡(いわおか)神社伊曽乃(いその)神社飯積(いいづみ)神社嘉母(かも)神社の4つの神社の祭礼を合わせて、西条祭りと称します。

 

この中で最も大きい祭りが伊曽乃神社の例祭であり、西条祭りといえばこの伊曽乃神社の祭りをさすことが多いです。

市内の氏子各町に所属する約150台の神輿(だんじり、神輿、太鼓台)が奉納され、その数は日本一ともいわれています。

スポンサーリンク

西条まつりとは?

tsuyoshimatsuuraさん(@hiclutch245)がシェアした投稿

もともとは石岡神社(氷見・橘地区)、伊曽乃神社(神戸・大町・神拝・玉津・西条地区)、飯積神社(玉津・飯岡地区と新居浜市大生院地区)の三神社の祭礼を指していたが、近年、嘉母神社(禎瑞地区)の祭礼もこれに含めるようになった。特にことわらずに「西条祭り」という場合、祭礼の規模が一番大きい伊曽乃神社の祭礼を指す事が多い。

 

それぞれの神社によって、祭礼に奉納される山車は異なっており、石岡神社、伊曽乃神社では楽車[1](地元では「だんじり」と称する)と御輿屋台[2](地元では「みこし」と称する)が、嘉母神社と飯積神社では太鼓台が奉納される。

 

ただし石岡神社では御輿屋台のことをさして「太鼓台」と呼んでいるが、本来の御輿屋台の分類は太鼓台に属している。

 

なお、市町村合併により新しく西条市となった旧東予市・旧小松町・旧丹原町などの諸地域でおこなわれている祭礼でも旧西条市域と同様のだんじりや御輿、太鼓台が奉納され、年々規模も大きく盛んになっている。

(引用元:wikipedia

日程

  • 嘉母神社の祭礼10月6日、7日
  • 石岡神社の祭礼10月14日、15日
  • 伊曽乃神社の祭礼10月15日、16日
  • 飯積神社の祭礼10月16日、17日

 

見どころ

西条祭りは江戸時代から300年以上続いているお祭りです。

だんじりみこし太鼓台が神社に奉納されるのが特徴です。

 

全部で150を超えるだんじり、みこし、太鼓台と言われています。

その中でも伊曽乃神社の祭礼に奉納される数は80台以上と一際多いことで知られています。

スポンサーリンク

川入り

tsuyoshimatsuuraさん(@hiclutch245)がシェアした投稿 –

西条祭りの中でも最も規模の大きいとされている、伊曽乃神社の祭礼の見どころでもある川入りです。

西条祭りの一番の見どころといっても過言ではない川入りなのですが、伊曽乃神社に向かうために加茂川を御神輿が渡って行くのが、川入りとなっております。

 

祭りのフィナーレの川を渡って帰って行くみこしを見送る場面は圧巻です。

 

加茂川の河川敷にずらりと60余台の見送りだんじりは壮観です!

 

その中をみこしが川入りをしますが、同時に神戸地区のだんじり11台も川に入ってみこしの周囲を取り囲み、みこしを渡らせまいとします。

 

かなりの人気ですよね!

人の多さにはびっくりですね笑

スポンサーリンク

夜もおすすめ!!

Ryuta Tagashiraさん(@ryupom)がシェアした投稿

川渡り”が珍しいので人目を引きがちですが、

実は西条祭りが最高潮に盛り上がるのは、真夜中に御旅所にみこしが到着する時なんです

 

提灯の灯火で更に華麗に飾られただんじりが担ぎ手によって激しく揺れて、勇ましくも幻想的です。

時間に都合のつく方は、ぜひ御旅所で観覧しましょう!

アクセス

場所 愛媛県西条市内各所

公共交通機関の場合

・嘉母神社:JR伊予西条駅よりタクシーで約7分

・石岡神社:JR伊予氷見駅から徒歩約7分

・伊曽乃神社:JR伊予西条駅よりタクシーで約15分

・飯積神社:JR伊予西条駅よりタクシーで約15分

※それぞれJR伊予西条駅からバスでの来場も可能です(約10分)

車の場合

松山自動車道 いよ西条ICより車で約15分

スポンサーリンク

まとめ

川岸でのお神輿は大迫力ですよね!

普通は街中でお神輿を担いで盛り上がるお祭りですが、まさか川岸でやるんですね笑

伊曽乃神社の祭礼に奉納される数は80台以上なので、初めての方はこちらに参加するのがおすすめですね。

夜も幻想的な雰囲気ですので、夕方くらいから参加するのがいいと思いますよ!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です