岡崎市東阿知和町の交差点で、横断歩道を渡っていた無職の77歳の女性を車ではねて、そのまま逃げた疑いが持たれています。

この事件、なんと目撃者がナンバーを覚えていたことにより犯人が発覚しました。

事件の詳細をみていきましょう。


スポンサーリンク

事件の概要

愛知県岡崎市の交差点で77歳の女性がはねられ重傷を負ったひき逃げ事件で、警察は市内の会社員赤堀幸一容疑者(52)を逮捕しました。

15日午前5時半ごろ、岡崎市東阿知和町の信号交差点で横断歩道を渡っていた近くに住む女性を軽ワゴン車ではねてそのまま走り去った疑いがもたれています。

性は頭を強く打ち、足の骨を折るなど重傷です。

調べに対し赤堀容疑者は、「何かにぶつかったが、人をはねた認識はない」と容疑を一部否認しています。

 

目撃者が、現場を走り去る車のナンバーの一部を覚えていたことなどから容疑者の特定に至ったということです。

 

 

赤堀幸一容疑者のプロフィール

名前:赤堀幸一容疑者

年齢:52歳

職業:会社員

住所:愛知県岡崎市

顔画像やそれ以外の情報を調査するために、FacebookやTwitterにてお調べしたのですが、アカウントを特定することができませんでした。

スポンサーリンク

事件現場

事件現場は岡崎市東阿知和町と報じられています。

ネットの声

何かと衝突したが、だと?普通の状況なら車の状況等確認する。
救護義務違反は明確な殺意があるから殺人扱いでいいよ。

出典;Yahoo!ニュース

 

信号がない横断歩道は車が優先とでも考えてる馬鹿ドライバーが多すぎる

出典;Yahoo!ニュース

スポンサーリンク
kita yoshimasa
eeee@mokpote.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です