東奥日報社の記者である男性が、ビルの女子トイレに侵入し、盗撮用のカメラを設置した疑いで、逮捕されました。

 

事件の詳細や容疑者について見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

ビルの女子トイレに侵入したとして、青森県警は21日、県内の日刊新聞社「東奥日報社」(青森市)編集局社会部記者、工藤知巳容疑者(44)=青森市長島2丁目=を建造物侵入容疑で逮捕し、発表した。

発表によると、工藤容疑者は今年3月、青森市新町2丁目のビル8階の女子トイレに侵入した疑いがある。

個室からは小型のカメラが見つかっており、県警は工藤容疑者が盗撮用に置いた可能性があるとみている。

工藤容疑者は調べに対し、「トイレには入ったが、盗撮はしていない」と供述しているという。

朝日新聞

 

容疑者のプロフィール

名前:工藤知巳

年齢:44歳

職業:「東奥日報社」(青森市)編集局社会部記者

住所:不明
顔画像やそれ以外の情報を調査するために、
FacebookやTwitterなどのSNSを調べしたのですが、
本人と思われる情報を発見することができませんでした。

スポンサーリンク

犯行現場

犯行現場は青森市新町2丁目と報道されています。

ネットの声

スポンサーリンク
ez.hc
achhomea@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です