大崎で男性遺体を発見。08年に行方不明だった韓国人。顔と名前は!?

大崎市内で白骨化した男性の遺体が見つかりました。
鑑定で調べてみると、行方不明だった韓国人・金永燉(キムヨンドン)さんと判明。

何らかの事件に巻き込まれたのでしょうか?

それとも自殺だったのでしょうか?

その詳細を見ていきましょう。

スポンサーリンク

事件の概要

仙台市内の専門学校に通い、2008年10月から行方不明だった韓国人の男子留学生金永燉(キムヨンドン)さん=仙台市青葉区=の遺体が大崎市内で見つかっていたことが25日、関係者への取材で分かった。宮城県警は何らかの事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べている。
 
関係者によると、大崎市の山林で10年6月、白骨化した男性遺体が見つかった。その後の鑑定でDNA型が金さんの父親と一致し、遺体が金さんと判明したという。
 
金さんは07年4月、東北電子専門学校(青葉区)に入学。26歳だった08年10月30日夕に突然連絡が取れなくなり、家族が同11月、仙台北署に捜索願を出した。金さんの自宅アパートにはパスポートや携帯電話の充電器などが残っていた。

(河北新報)

被害者のプロフィール

金永燉さん
名前:金永燉(キムヨンドン)
年齢:26歳(当時)
特徴:やせ気味で唇が厚め
身長:172センチ
体重:60キロ程度

事件現場

 

スポンサーリンク

ネットの声

 

 

最後に

スポンサーリンク

男性の遺体が発見されてから8年の月日が経ち、分かったのは身元だけ。
なぜ、突然と消え、帰らぬ人となってしまったかは不明のまま。

全ての謎が解決されずになっています。

事件の真相が気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です