長野えびす講煙火大会2018のみどころ、撮影・穴場スポットは?有料観覧席情報あり

毎年11月23日に長野県で開催される長野えびす講煙火大会(ながのえびすこうえんかたいかい)。

空気の澄んだ初冬の寒空に、花火が打ち上がる冬のイベントです。

選び抜かれた煙火師が打ち上げる花火が、冬の乾いた空気の中でクッキリ浮かびあがります。

新幹線開通の影響もあって、例年30万人以上の観覧者がこの花火見たさに日本各地から集結してきます。

今回はそんな長野えびす講煙火大会についてご紹介します。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会とは えびす講の意味は?

yuzurin777さん(@yuzurin777)がシェアした投稿

えびす講とは、神無月に出雲に行かない留守神のえびす神を祭り、五穀豊穣、商売繁盛を祈願する祭礼のことです。

長野えびす講は、長野市岩石町の西宮神社の御祭礼。1899年、街の有志により「長野市大煙火大会」と銘打って、御祭礼に合わせて朝から晩まで花火を打ち上げたのが始まりです。

花火に合わせて大売り出しをすると、商店は大賑わいで大繁盛するようになりました。

Kiminari Onozatoさん(@kiminarionozato)がシェアした投稿

それ以降は、えびす講にあやかって花火大会をするようになります。

選び抜かれた煙火師しか参加できなかったことから、全国の煙火師にとって出世煙火となりました。

現在でも全国有数の煙火大会として有名です。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2018の開催日程、開催場所

Kiminari Onozatoさん(@kiminarionozato)がシェアした投稿

開催日程、時間

今年でなんと113回を迎える長野えびす講煙火大会の日程は、毎年11月23日の「勤労感謝の日」に開催されます。

また開催時間は「18:00~20:00」になります。

開催場所

開催場所は鬼怒川河畔にある「犀川第二緑地公園(長野大橋西側)」となっています。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2018のみどころ、楽しむためのポイント

音楽と花火のコラボ「ミュージックスターマイン」

なんと言っても一番のみどころは、音楽と花火がコラボした「ミュージックスターマイン」ですね。

今やこの花火大火の代名詞とも言えるミュージックスターマインは、本当に激しくて迫力があり、多くの人を魅了します。

 

全国10号玉新作花火コンテスト

とうやさん(@toya_akitsuki)がシェアした投稿

また、全国新作10号玉コンテストも人気で見逃せないですね。

大正時代には煙火師を厳選し、未熟な者を参加させなかったことから「長野えびす講煙火大会」への参加は“出世煙火”と呼ばれたそうです。

出世できるということは実力がなければなりません。

プロたちの集大成の花火を間近で見れるとあってとても人気のプログラムです。

 

100店以上の屋台が出店!

@miyagawa_hiromiがシェアした投稿

土手をくだって平地になった場所に、屋台がずらりと並びます。例年100店以上の屋台が出揃っていて、いろんな物が売られているので楽しみですね。

焼きそばや綿アメといった定番の食べ物から、肉巻きおにぎりやケバブなど変わり種も売られています。

写真のように商品を買いながらでも花火をしっかり見ることができます。

花火を見ながら、ビールや暖かいおでんを食べるってのもいいですね^^

スポンサーリンク

防寒対策はしっかりと!こたつを持ってくる光景は名物?

11月末の長野県なのでかなり寒いです。防寒対策をしっかりしていないと、野外で過ごすこと厳しいです。

11月23日の長野市の気温は例年最高で10℃。最低で1℃まで下がるようです。

比較的暖かい年でもダウン着用は当たり前ですし、寒い年にはスキーウェアにカイロを貼りまくって行きます。

年によっては雪が降ることもあります。

 


土手でレジャーシートを敷いて観る人は、冷えが地面から伝わってくるので、毛布や座布団を持って行くといいと思います。

地元の人の中には、コタツを持って来ている人もいて、これも名物の一つですね(笑)

有料観覧席でゆったりと観覧

毎年大人気の有料観覧席をご紹介します。

有料観覧席にはプレミアムシートとえびすシート、個人協賛による専用エリアの3種類があります。どの席もあっという間に無くなるので、有料観覧席を狙っている人は早めにお申込みください。

◎プレミアムシート

プレミアムシートは限定100名で抽選。特典として、

・パイプテーブル&パイプ椅子
・豪華お弁当
・信州特産土産
・フリードリンク(アルコール&ソフトドリンク)
・無料駐車場
・ひざ掛け

等と大変贅沢な予約席になります。

その分お値段も高くて1人あたり2万円。席は花火の真正面で、最高の位置取り。なんて贅沢な‥と思っていたら、あっという間に完売御礼です。

◎えびすシート

えびすシートは2,500名と比較的余裕があります。

・パイプ椅子
・信州特産土産

がついて1人あたり4,200円。花火に向かってやや左手の位置取りになります。こちらも1ヶ月ぐらい前に完売御礼。

◎個人協賛による専用エリアの席

最後に個人協賛による専用エリアの席ですが、これは一口1万円で、一口につき1席座ることができます。オマケは特にありません。土手の一部分に垂れ幕で区切られたエリアが取られていて、花火に向かって正面に近い位置取りになります。こちらもあっという間に申し込み終了。

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2018の撮影穴場スポット

Tsuchidamaさん(@tsuchidama0911)がシェアした投稿

長野大橋

花火の打ち上げ場所の東側にある長野大橋。
この橋は打ち上げ場所の近くにありますが、人通りも激しくなく、迫力満点の花火を十分に体感できます。

因みに、橋上の車両駐車は禁止されています。

ただ、花火会場の横からになるため、ビジュアル的に物足りなさを感じてしまうかもしれません。

丹波島橋

花火協賛者観覧エリア側にある橋でこの橋も同じく打ち上げ場所から至近距離にある為、花火を間近に感じる事ができる穴場スポットです。

先にご紹介した長野大橋とは花火会場を挟むかたちになります。

こちらも横からなので見えづらい花火がありますが、迫力は抜群!

長野大橋と同じく、橋上の車両駐車は禁止です。

エムウェーブ臨時駐車場

ここは打ち上げ場所から距離が離れる為、臨場感が減少するものの、周辺に高い建物はナイに等しいので、花火を観覧するには問題ないでしょう。

もし、車で参戦するならば、車内で花火鑑賞するのも良いかもしれませんね♪

日赤病院周辺

長野日赤病院は会場近辺にある病院です。
その日赤病院付近にある堤防道路も花火鑑賞の穴場スポットになっています。

長野えびす講煙火大会2018の混雑状況、トイレ情報

たけさん(@take_fireworkslandscape)がシェアした投稿

昨年の来場者数は43万人。たった数時間のイベントのために訪れた人の数ですから、いかに混雑するか分かりますね。しかも年々、来場者は増えているようです。

来場者数に応じて、女性のトイレ待ちが悲惨なことになっています。一度トレイに向かうと30分は戻ってこれません。

そこでまずはトイレの場所を抑えておきましょう。

長野えびす講煙火大会2018会場のトイレは?

この花火大会は冬に行われる事もあって、やはり気になるのはトイレの場所は気になりますね。

特に、長野は土地柄とても冷え込むことが予想できます。

情報によると、11月23日の長野市の気温
例年最高で10℃。最低で1℃まで下がるようです。

過去には雪が降った事もあるようなので、『完全防寒』で花火大会に参戦してください。笑

そして、気になるトイレの場所ですが
花火大会当日、会場に設けられるトイレは3カ所になります。

①大黒シート横
②堤防西案内所横
③団体バス用駐車場内

スポンサーリンク

長野えびす講煙火大会2018のアクセス、駐車場情報

ユウスケさん(@kasuudon29)がシェアした投稿

電車の場合

長野駅東口から歩いて30分弱。

もしくは長野駅東口か、善光寺口から路線バスが有ります。(空いてれば10分程)長野駅東口からはシャトルバスも出ています。バスはいずれも有料。

車の場合、駐車場

会場周辺は車両進入禁止になってしまうので、車で行くことができません。1500台停められる無料の臨時駐車場に停めて、シャトルバス(有料)で会場近くまで行くことになります。

臨時駐車場はいつも満車になってしまうので、なるべく早い時間に到着することをオススメします。駐車できるようになるのは15時過ぎからです。(22時には閉まります)

スポンサーリンク

まとめ

夏に打ち上げられる花火と違って、長野えびす講煙火大会では、開催されるのは秋ということもあり、

空高く空気も澄んで花火がクッキリと美しく映える花火が楽しめます。

ぜひ楽しんできてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です